サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうウィークリーニュース

ISS・きぼうウィークリーニュース第417号

2011年1月18日

トピックス

「こうのとり」2号機の準備完了、打上げは1月20日午後3時29分に設定

搭載直前の「こうのとり」モザイクポスター(出典:JAXA)

搭載直前の「こうのとり」モザイクポスター(出典:JAXA)

種子島宇宙センターの大型ロケット組立棟(Vehicle Assembly Building: VAB)では、1月11日から12日にかけて、打上げ直前に積み込む必要のある実験試料や宇宙食など、最後の物資を宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の補給キャリア与圧部へ搭載する作業が行われました。

1月11日には、物資のひとつとして「こうのとり」モザイクポスターが搭載されました。このポスターは、2010年10月16日に開催された筑波宇宙センター特別公開にご来場いただいた方々の声援と笑顔から作られたもので、ポスターの裏には、HTVプロジェクトチームによる寄せ書きが添えられています。

「こうのとり」2号機ミッションロゴ(出典:JAXA)

「こうのとり」2号機ミッションロゴ(出典:JAXA)

物資の搭載完了後、1月12日に「こうのとり」2号機の補給キャリア与圧部のハッチが閉じられました。その後、打上げ前の機体の最終点検やバッテリの補充電を行い、打上げに向けた準備が整いました。「こうのとり」2号機は、1月20日午後3時29分に種子島宇宙センターから打ち上げられ、1月28日に国際宇宙ステーション(ISS)に結合する予定です。

平成22年度第1回宇宙医学生物学研究ワークショップ開催

平成22年度第1回宇宙医学生物学研究ワークショップの様子(出典:JAXA)

平成22年度第1回宇宙医学生物学研究ワークショップの様子(出典:JAXA)

1月13日、東京都港区の301新橋ビルで、平成22年度第1回宇宙医学生物学研究ワークショップが開催され、多くの参加者でにぎわいました。

ワークショップでは、「魚を利用した宇宙医学生物学実験」をテーマに、宇宙実験の課題や展望、今後の宇宙実験の方向性などについて活発な討議が行われました。

第2回目のワークショップは、「宇宙と健康増進の取り組み」をテーマに、1月31日に開催します。参加申し込みについてはホームページをご覧ください。申込み締切りは1月27日午後5時です。皆様のご参加をお待ちしています。

今週のきぼう

「きぼう」船内実験室運用開始から957日経過しました

マランゴニ対流実験準備、Hair実験のサンプル採取などを実施

「きぼう」日本実験棟船内実験室では、1月18日から19日にかけて、「マランゴニ対流における時空間構造」実験の第2シリーズの開始に向けた準備作業を行っています。この実験は、流体実験ラックの流体物理実験装置(Fluid Physics Experiment Facility: FPEF)を使用して、1月21日から開始する予定です。

そのほか、1月15日には、「長期宇宙滞在宇宙飛行士の毛髪分析による医学生物学的影響に関する研究」(Hair)の一環として、宇宙飛行士の毛髪の採取を行いました。この実験は、宇宙環境が人体に及ぼす影響を毛髪分析から評価し、宇宙飛行士の健康管理に役立てることを目的としています。

「きぼう」船外実験プラットフォームでは、宇宙環境計測ミッション装置(Space Environment Data Acquisition equipment-Attached Payload: SEDA-AP)全天X線監視装置(Monitor of All-sky X-ray Image: MAXI)の観測運用が続けられています。

STS-133ミッションの準備状況

NASAはディスカバリー号とエンデバー号の次の打上げ目標日を決定

NASAは、米国時間1月13日に開催されたプログラム要求管理会議(Program Requirements Control Board: PRCB)で、スペースシャトル・ディスカバリー号の打上げについて、外部燃料タンク(External Tank: ET)の中間タンク(ET内の液体酸素タンクと液体水素タンクを結合する構造物)の補強修理に時間を要するため、2月25日午前6時50分以降を目標とすることを決定しました。

なお、ディスカバリー号の打上げ延期に伴い、スペースシャトル・エンデバー号(STS-134ミッション)の打上げも4月20日午前8時48分以降に延期されました。

今週の国際宇宙ステーション(ISS)

最初のISS構成要素打上げから4442日経過しました

第26次長期滞在クルー
スコット・ケリー(NASA)、アレクサンダー・カレリ(ロシア)、オレッグ・スクリポチカ(ロシア)宇宙飛行士のISS滞在は101日、ドミトリー・コンドラティェフ(ロシア)、キャスリン・コールマン(NASA)、パオロ・ネスポリ(ESA)宇宙飛行士のISS滞在は31日経過しました。

「こうのとり」2号機の到着に向けた準備やISSのリブーストなどを実施

第26次長期滞在クルーは、ロシアの船外活動に向けた準備や、宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の到着に向けた作業などに忙しい日々を過ごしました。

ケリー宇宙飛行士は、「こうのとり」2号機が結合する「ハーモニー」(第2結合部)下側の共通結合機構(Common Berthing Mechanism: CBM)の動作確認を行いました。コールマン、ネスポリ両宇宙飛行士は、「こうのとり」2号機をISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で把持する操作の訓練などを行いました。

1月13日、プログレス補給船(39P)を使用したISSのリブースト(軌道上昇)が行われ、ISSの平均軌道高度は約2.4km上昇しました。これにより、ISSは「こうのとり」2号機と、スペースシャトル・ディスカバリー号(STS-133ミッション)の到着に適した軌道高度に引き上げられました。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約