サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

国際宇宙ステーションのロボットアーム(カナダアーム2)
Space Station Remote Manipulator System: SSRMS(Canadarm2)
写真:ISSのロボットアーム

ISSのロボットアーム

国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(カナダアーム2)(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)は、ISS組立てフライト6A(STS-100ミッション)で2001年4月にISSに取り付けられました。 SSRMSは、カナダが開発しました。ISSの組立作業や修理作業などで、モジュールを移動させたり、船外活動を行うクルーを乗せて移動させるなど、様々な用途で使用されます。 SSRMSは、7個の関節部を持つ左右対称の腕であり、手に相当する両端のエンドエフェクタ(把持手)でグラプル・フィクスチャ(把持部)と呼ばれる台座を交互につかんで、シャクトリムシのように移動することができます。これは、今までのスペースシャトルのロボットアーム(Shuttle Remote Manipulator System: SRMS)にはなかった新しい機能です。
動画
SSRMSの取付け
[2m38s] 56Kbps
SSRMSの取付けイメージ
[0m48s] 176KB
関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約