サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)

新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)

新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)CG

新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)は、宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)の優位性を維持しつつ、輸送能力・運用性を向上し、将来の様々なミッションに活用可能な発展性のある宇宙機システムを獲得するために開発中の無人の宇宙船です。


新着情報

HTV-Xの特徴

「こうのとり」(HTV)と比較して、新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)では、現行技術を活かしつつ、輸送能力・運用性を向上させる計画です。

  • 輸送能力の増強
    与圧モジュールには物資輸送用バッグ(Cargo Transfer Bag: CTB)313個に相当する、約4.07トンの与圧カーゴ(船内搭載物資)が搭載可能となります。
    サービスモジュールの曝露カーゴ(船外搭載物資)搭載エリアには、1.75トンの曝露カーゴと0.25トンの技術実証ミッション機器が搭載可能となります。
  • サービスの向上・改善
    給電状態での与圧カーゴの輸送が可能となり、また、レイトアクセス(打上げ間近に行う物資の搭載)による物資の引渡しが打上げ24時間前まで可能となります。
画像:ISSへのカーゴ輸送量及びサービスに関するHTVとHTV-Xとの比較(1)

ISSへのカーゴ輸送量及びサービスに関するHTVとHTV-Xとの比較(1)

画像:ISSへのカーゴ輸送量及びサービスに関するHTVとHTV-Xとの比較(2)

ISSへのカーゴ輸送量及びサービスに関するHTVとHTV-Xとの比較(2)

今後のスケジュール

画像:スケジュール

スケジュール

(特に断りの無い限り、画像は出典:JAXA)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約