サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうウィークリーニュース

ISS・きぼうウィークリーニュース第524号

2013年3月19日

トピックス

「きぼう」の運用開始から5周年を迎え、記念のセレモニーを開催

「きぼう」運用開始5周年セレモニーでの記念撮影の様子(出典:JAXA)

「きぼう」運用開始5周年セレモニーでの記念撮影の様子(出典:JAXA)

3月13日、「きぼう」日本実験棟の運用開始5周年を記念して、筑波宇宙センターの「きぼう」運用管制室でセレモニーを行いました。

2008年3月に運用を開始して以来、これまで5年間に渡り24時間体制で「きぼう」を見守ってきた運用管制チーム(JAXA Flight Control Team: JFCT)のメンバーを中心に、多くのJAXA関係者が「きぼう」の運用5周年を祝うために集まりました。

セレモニーの冒頭では、これまで長年「きぼう」のプロジェクトを牽引してきた横山参与と、「きぼう」の組立てミッション3便においてリードフライトディレクタを務めた松浦、東覚、中井フライトディレクタの3名が挨拶をしました。

その後、JAXA宇宙飛行士の代表として野口宇宙飛行士がマイクの前に立ち、「ここは宇宙に一番近い部屋。5年前から1日も絶えることなく宇宙と繋がっている。宇宙飛行士は、常に一心同体となって仕事をしている。それは5年前も、今も、5年後も変わらないと思う」と、揺るぎないJFCTの存在を称えました。

セレモニーの後、集まった報道関係者に向けた記者会見を行いました。5年間を経て、JAXAに対する国際パートナー各国の信頼度の変化についての質問に、野口宇宙飛行士は、欧州宇宙機関(ESA)から勉強を目的としたJFCTへの運用管制官の派遣の打診が来ていることや、現状ではJFCTしか行っていない、運用上のヒューマンエラーの原因分析などを例に挙げ、「きぼう」の運用実績を通じてJFCTが国際パートナー各国から実力を認められ、信頼されていることを語りました。

インフォメーション

3月21日(木)開催、「きぼう」利用成果シンポジウムをライブ中継!

国際宇宙ステーション「きぼう」利用成果シンポジウム(第5回)の模様を、会場にお越し頂けない皆様にもご覧頂けるよう、インターネットライブ中継を行います。

本シンポジウムでは、「暮らしに身近なタンパク質実験」をテーマに、副作用が少ない医薬品の開発など身近な話題を取り上げながら、宇宙実験の成果と暮らしへの還元について講演とパネルディスカッションを行います。多くの皆様のご視聴をお待ちしています。

今週のきぼう

「きぼう」船内実験室運用開始から1748日経過しました

Hicari実験のサンプル取出しを実施、Stem Cells実験などを継続

「きぼう」日本実験棟船内実験室では、3月18日、温度勾配炉(Gradient Heating Furnace: GHF)から、「微小重力下におけるTLZ法による均一組成SiGe結晶育成の研究」(Hicari)のサンプルを取り出す作業を実施しました。このサンプルは、ドラゴン補給船運用2号機(SpX-2)で地上に回収する予定です。

GHFでは、次に予定されている「微小重力環境下における混晶半導体結晶成長」(Alloy Semiconductor)に向けた準備作業を、3月22日に行う予定です。この実験では、工場や車からの排熱を電気に変換する技術のカギとなる結晶を微小重力環境で製作し、その過程を調べることを目的としています。

そのほか、「きぼう」船内実験室の冷凍・冷蔵庫(Minus Eighty degree Celsius Laboratory Freezer for ISS: MELFI)にて、「ES細胞を用いた宇宙環境が生殖細胞に及ぼす影響の研究」(Stem Cells)を継続しています。

「きぼう」船外実験プラットフォームでは、ポート共有実験装置(Multi-mission Consolidated Equipment: MCE)に搭載した5種類のミッション機器による実験運用を継続しています。また、宇宙環境計測ミッション装置(Space Environment Data Acquisition equipment-Attached Payload: SEDA-AP)全天X線監視装置(Monitor of All-sky X-ray Image: MAXI)の観測運用、超伝導サブミリ波リム放射サウンダ(SMILES)の後期運用が続けられています。

今週の国際宇宙ステーション(ISS)

最初のISS構成要素打上げから5233日経過しました

第35次長期滞在クルー
クリス・ハドフィールド(コマンダー、CSA)、トーマス・マーシュバーン(NASA)、ロマン・ロマネンコ(ロシア)宇宙飛行士のISS滞在は87日経過しました。パベル・ビノグラドフ(ロシア)、クリストファー・キャシディ(NASA)、アレクサンダー・ミシュルキン(ロシア)宇宙飛行士は、3月29日からISS滞在を開始する予定です。

帰還クルーを送り出し、ハドフィールド宇宙飛行士らは第35次長期滞在を開始

帰還したフォード宇宙飛行士ら(出典:JAXA/NASA/Bill Ingalls)

帰還したフォード宇宙飛行士ら(出典:JAXA/NASA/Bill Ingalls)

第33次/第34次長期滞在クルーのケビン・フォード、オレッグ・ノヴィツキー、エヴゲニー・タレルキン宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船(32S)は、3月16日午前8時43分に国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、同日午後0時06分頃にカザフスタン共和国へ無事着陸しました。今回は着陸予定地点の天候不良により、当初の計画から1日延期しての帰還となりました。

帰還クルーを送り出したハドフィール宇宙飛行士らはISS第35次長期滞在を開始し、新たなクルーが到着するまでの間、3名体制でISSを運用します。

新たに第35次長期滞在クルーに加わるビノグラドフ宇宙飛行士らを乗せたソユーズ宇宙船(34S)は、3月29日午前5時43分頃にカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、同日午前11時33分頃にISSへドッキングする予定です。

ソユーズ宇宙船が打上げから約6時間後にISSへドッキングするのは初の試みであり、これまで3回にわたり無人のプログレス補給船ミッションで実証試験を行ってきた短期ドッキングの運用プロセスを、有人のソユーズ宇宙船ミッションに今回初めて適用するものです。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約