サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

皆様から送っていただいた「きぼう」の写真

皆様から送っていただいた「きぼう」の写真

最終更新日:2019年5月23日

皆様から送っていただいた「きぼう」/国際宇宙ステーション(ISS)の写真をご紹介します。

※写真の応募については、写真の掲載をもって受付完了とさせて頂きます。応募多数の場合は、掲載までに数日かかることがあります。あらかじめご了承ください。

≫ ISS写真の応募

最新の写真(5月23日)

5月23日

           
タイトル:今朝(5/23)のISSの月面暗通過
撮影場所:愛媛県西宇和郡伊方町 国道197大久展望台付近
撮影日時:2019年5月23日02時56分42秒~5月23日02時56分43秒
撮影機材:Canon EOS 7D + SIGMA 500mm F4.5 APO EX DG HSM +Kenko TELEPLUS X1.4(f700mm F16 ISO1600) 露出1/400秒を5枚合成してトリミング
お名前:笹岡 省三 さん
コメント:月齢17.8の居待月を国際宇宙ステーションが右上から左下へ通過するのが撮影出来ました。

≫各写真のページへ

5月22日

           
タイトル:八甲田山に消えたISS
撮影場所:青森県八甲田山(南側山麓)
撮影日時:2019年5月22日20時28分16秒~5月22日20時29分46秒
撮影機材:PENTAX K-70(F5.6、SS90、ISO1600)
お名前:NorthLand さん
コメント:八甲田山南側山麓から北の方角を撮影。ここからだと富士山のように見える八甲田大岳です。 左に大阪→青森ANA1855便と思われる光跡が写っていました。 (さらにその下には流星か?) ヒコーキよりもISSの方が光っています。 撮影座標(40.638479, 140.864010)標高1018m 気温7℃ 東に1.6km行くと笠松峠(標高1020m)があり太平洋と日本海の分水嶺になっています。 ISSは西から北東へ高度MAX21度、距離MIN958kmで飛翔して行きました。

≫各写真のページへ

           
タイトル:2019年5月22日のISS
撮影場所:鹿児島市玉里団地2丁目
撮影日時:2019年5月22日20時23分28秒~5月22日20時24分55秒
撮影機材:ニコンD700、露出3秒×26コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:35mm、ISO感度:400、
お名前:渕上 哲郎 さん
コメント:今可視期間の最後となる本日は北西から北北西に薄~くやっと写っている状況でした。

≫各写真のページへ

5月21日

           
タイトル:2019年5月21日のISS(その3)
撮影場所:鹿児島市
撮影日時:2019年5月21日19時40分20秒~5月21日19時40分53秒
撮影機材:ニコンD700、露出2.5秒×12コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:35mmISO感度:200、
お名前:渕上 哲郎 さん
コメント:本日3回目のISSは鹿児島市での日没時間19時11分と日没後30分を経過しておらず、また外出先の歩道上からの撮影と言うことで明るさを落し、コントラストをつける補正を実施しています。

≫各写真のページへ

   

   

   
タイトル:今日も雲の中に消えたISS
撮影場所:山形県河北町谷地橋最上川下流
撮影日時:2019年5月21日19時39分00秒~5月21日19時40分00秒
撮影機材:Sony α5000 α6000*2台 MADOKA180 比較明合成
お名前:浅黄健一 さん
コメント:昨日のリベンジを狙ったが、ISSは雲の中に消えて行きました。残念。

≫各写真のページへ

   

   

   
タイトル:2019年5月21日のISS(その2)
撮影場所:鹿児島市浜町
撮影日時:2019年5月21日04時34分49秒~5月21日04時41分14秒
撮影機材:上、ニコンD700、露出2秒×12コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:28mm、ISO感度:400、撮影時間04時34分49秒~04時35分15秒、 中、露出2秒×81コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:28mm、ISO感度:400、撮影時間04時35分25秒~04時38分23秒、 下、露出2秒×76コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:28mm、ISO感度:400、撮影時間04時38分27秒~04時41分14秒、
お名前:渕上 哲郎 さん

≫各写真のページへ

           
タイトル:今朝(5/21)小満の日のISS
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2019年5月21日03時00分24秒~5月21日03時01分36秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ(f20mm F5.0 ISO6400) + 固定露出5秒を12枚合成
お名前:笹岡 省三 さん
コメント:二十四節気の小満の朝の十六夜の月明かりと雲が流れる中、国際宇宙ステーションが雲間から見えるデネブの下方を飛翔して行きました。

≫各写真のページへ

   

       
タイトル:2019年5月21日のISS(その1)
撮影場所:鹿児島市坂元町
撮影日時:2019年5月21日02時59分16秒~5月21日03時04分55秒
撮影機材:上、ニコンD700、露出5秒×23コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:28mm、ISO感度:800、撮影時間02時59分16秒~03時01分16秒、 下、露出5秒×40コマを比較眀コンポジット、F値:2.8、焦点距離:28mm、ISO感度:800、撮影時間03時01分25秒~03時04分55秒、
お名前:渕上 哲郎 さん
コメント:このところずっと天候不良でしたが、今朝は雨上がりの澄んだ空で、19日の満月後の月明かりの中、日田の空に出現しカシオペア座の上方から東南東桜島の山頂に消えました。途中、イリジウムフレアも発光したようです。

≫各写真のページへ

           
タイトル:今朝早く飛翔して来たISS
撮影場所:北九州市学研都市
撮影日時:2019年5月21日02時59分~5月21日03時03分
撮影機材:E620 オリンパスカメラ 露出時間=5秒連写28回その後比較明合成 焦点距離=14mm F値=2.8 ISO=640
お名前:yoshi さん
コメント:昨日までの激しい雨も上がり南西の空には月が輝いている。そんな中西から飛翔して来たISSは北のポラリスを直撃し東南東へと明るく輝きながら進んで行った。

≫各写真のページへ

5月20日

   

   

   
タイトル:雲の中に消えたISS
撮影場所:山形県河北町谷地谷地橋下流
撮影日時:2019年5月20日20時31分00秒~5月20日20時32分00秒
撮影機材:Sony α5000 α6000*2台 魚眼レンズ MADOKA180 比較明合成
お名前:浅黄健一 さん
コメント:今日の雲はかなり厚くISSは雲の中に消えて行きました。ISSが見え始めた直後に前方から車、こちらのカメラ3台を照らされたが、しっかりと写ってました。

≫各写真のページへ

           
タイトル:薄雲の中を東へと進むISS
撮影場所:北九州市学研都市
撮影日時:2019年5月20日20時26分~5月20日20時32分
撮影機材:E620 オリンパスカメラ 露出時間=5秒連写25回その後比較明合成 焦点距離=14mm F値=2.8 ISO=640
お名前:yoshi さん
コメント:西から飛翔して来たISSは北北西にあるカペラの上を通過し北でポラリスの下を通過し霞んでいる空を東へと進んで行った。

≫各写真のページへ

5月19日

           
タイトル:弘南鉄道の夜
撮影場所:青森県平川市尾上地区
撮影日時:2019年5月19日21時21分06秒~5月19日21時24分26秒
撮影機材:PENTAX K-70(F5.6、SS30、ISO800) 6枚比較明合成
お名前:NorthLand さん
コメント:銀河鉄道は岩手県を走っていますが津軽では弘南鉄道が 弘前~黒石を走っています。 列車の光跡がインターバル撮影のため途切れています。 ロングショットの方が良かったな・・・ ISSは西から北東へ仰角MAX26度、距離MIN843kmで パスしていきました。

≫各写真のページへ

           
タイトル:満月をオーバードライブ
撮影場所:青森県黒石市南地区
撮影日時:2019年5月19日19時46分16秒~5月19日19時47分16秒
撮影機材:PENTAX K-70+O-GPS1 (F5.6、SS60、ISO100)
お名前:NorthLand さん
コメント:仰角5度、方位120度の満月の上を飛翔するISSです。 明鏡止水の田んぼに月光が輝いています。 ISSは南から東へ仰角MAX42度、距離MIN571kmでパスしていきました。 (シャッタータイミングがズレて終わりの光跡が少し欠けました。)

≫各写真のページへ

           
タイトル:薄曇りのISS
撮影場所:静岡県自宅
撮影日時:2019年5月19日19時45分28秒~5月19日19時45分28秒
撮影機材:α7
お名前:加藤純一 さん
コメント:薄曇りなので、露出を上げたがメインは露出アンダーで全滅。 サブであとから撮った方はなんとか撮れていた。 ただし、低くなった所で雲が薄い時の画像となる。自分の機材では 口径が小さいためこれくらいが限界。 静岡は今年は雲が多く、去年ほど撮影に恵まれず。普段の 行いを正さないとダメか?(笑)

≫各写真のページへ

           
タイトル:東京都内自宅庭先にて
撮影場所:東京都東大和市
撮影日時:2019年5月19日19時45分14秒~5月19日19時46分08秒
撮影機材:Nikon d5200 f4.5 iso-800 焦点距離18mm 露出時間1.3秒 19コマ比較明合成
お名前:関田 幸一 さん
コメント:自宅庭先にての撮影です。左側に写っているのは自宅プレハブ2f、下中央に写っているのはシュロの木の葉です。もう45年以上になるのでプレハブ2fの高さまで伸びています。

≫各写真のページへ

   

       
タイトル:2日連続天頂通過
撮影場所:千葉県君津市
撮影日時:2019年5月19日19時45分08秒~5月19日19時46分41秒
撮影機材:40cmF4.5ドブソニアン ×2バロー使用 CanonEOS7Dmk2 ISO1600 1/1000秒 テルラドファインダーにて手動追尾 ステライメージにてアンシャープマスク処理 ペイントにて15コマ合成(1枚目) ベストショット(2枚目)
お名前:坂井美晃 さん
コメント:2夜連続の天頂通過は天気予報が外れて快晴。 最大高度87度,最接近距離411kmの絶好のパスでした。 やや逆光で,ソーラーパネルの写りは悪いですが, 鏡筒もカメラもたっぷり温度順応させたので,細部が写せました。

≫各写真のページへ

           
タイトル:天頂付近を飛翔するISS
撮影場所:静岡市清水区
撮影日時:2019年5月19日19時44分40秒~5月19日19時45分19秒
撮影機材:キャノン6D、シグマ8mm EX DG フィッシュアイ F3.5開放、ISO800、(露出19秒+休止1秒)×2コマを比較明合成
お名前:岡野幸次 さん
コメント:天頂付近の雲の合間をISSが飛翔していきました。

≫各写真のページへ

   

   

   
タイトル:ISS_南西から天頂、そして北東方向へ
撮影場所:千葉県柏市 マンション横の公園
撮影日時:2019年5月19日19時44分03秒~5月19日19時47分46秒
撮影機材:カメラ:OLYMPUS E-3 レンズ:ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5、カメラ:LUMIX G5 レンズ:ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、リモートケーブル、三脚、撮影データ1枚目 f:11mm F:2.8 2秒 ISO:3200 WB:4000K 連写51コマを比較明合成 2枚目 f:14mm F:2.8 1秒 ISO:1600 WB:4000K 連写91コマを比較明合成 3枚目  f:11mm F:2.8 2秒 ISO:3200 WB:4000K 連写41コマを比較明合成
お名前:中村孝一 さん
コメント:今回の軌道情報では南西から北東へほぼ一直線にISSが移動することから、撮影画面の対角線上に写るようにカメラの撮影方向を調整しました。結果はほぼ期待通りに写っていました。しし座を通過しおおぐまの尾をかすめるような通過でした。

≫各写真のページへ

           
タイトル:学校のグラウンドから
撮影場所:秋田県大館市
撮影日時:2019年5月19日19時43分~5月19日19時49分
撮影機材:canon powershot SX720HS
お名前:芳賀 空流 さん
コメント:自分が通う中学校のグラウンドから撮影しました

≫各写真のページへ

   

   

   
タイトル:最上川を渡った「きぼう」
撮影場所:山形県河北町谷地橋歩道上
撮影日時:2019年5月19日19時43分00秒~5月19日19時51分00秒
撮影機材:Sony α5000 α6000*2台 魚眼レンズ、MADOKA180 比較明合成
お名前:浅黄健一 さん
コメント:国道歩道の橋の中央で撮影:最上川を渡った有人国際宇宙ステーション「きぼう」、景色を意識し構図を考慮したらカメラの後ろを車がドンドン通過する事を忘れていた、おまけに月まで登って来た。

≫各写真のページへ

≫ 続きを見る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約