サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

皆様から送っていただいた「きぼう」の写真

皆様から送っていただいた「きぼう」の写真

最終更新日:2017年10月18日

皆様から送っていただいた「きぼう」/国際宇宙ステーション(ISS)の写真をご紹介します。

※写真の応募については、写真の掲載をもって受付完了とさせて頂きます。応募多数の場合は、掲載までに数日かかることがあります。あらかじめご了承ください。

≫ 今月の写真一覧へ

≫ ISS写真の応募

最新の写真(10月17日)

10月17日

           
タイトル:雨の合間に飛翔して来たISS
撮影場所:北九州市学研都市
撮影日時:2017年10月17日19時12分~10月17日19時16分
撮影機材:E620 オリンパスカメラ 露出時間=2秒連写33回その後比較明合成 焦点距離=14mm F値=2.8 ISO=1000
お名前:yoshi さん
コメント:西から飛翔して来たISS 南西で輝いている土星目指し一直線 その上を通過し南に広がっている雲の中へと消えた。  ***今週は雨ばかりで久しぶりに見たISSの光跡撮りだった。

≫各写真のページへ

   

   

   
タイトル:快晴の夕空を飛翔するISS
撮影場所:茨城県ひたちなか市
撮影日時:2017年10月17日17時40分00秒~10月17日17時43分00秒
撮影機材:NICON COOLPIX-P610 F値f/6.3 焦点距離5mm 露出時間15秒 ISO-100
お名前:鶴島 悦 さん
コメント:久しぶりの快晴です、まだ早い時間帯なので空が明るかったせいかISSは最大仰角近くにくるまで見えませんでした。見えたときは嬉しかったです。

≫各写真のページへ

           
タイトル:南東へ飛翔するISS
撮影場所:群馬県 渋川市 中郷
撮影日時:2017年10月17日17時39分36秒~10月17日17時43分43秒
撮影機材:Nikon D7000 / トキナー AT-X 116(11mmで撮影) / ISO 400 / F 5.6 / 2.5秒連写 / 91コマを比較明合成
お名前:萩原 哲 さん
コメント:子持山南麓から南東方面を撮影しました。ISSは北西から現れ、天頂に近いベガの近くを通り、南東方向へ飛翔していきました。画面のISSは、中部地方上空を通過後、太平洋上空を南東へ飛翔している所と思われます。秋雨前線が南下し、天気が良くなり、ISSを撮影することができました。右中ほどのフレアは、COSMO-SkyMed 2 のようです。

≫各写真のページへ

10月14日

           
タイトル:雲の切れ間を狙い
撮影場所:能美市緑が丘
撮影日時:2017年10月14日18時38分00秒~10月14日18時39分48秒
撮影機材:EOS 60D+TAMRON SP AF10-24mmF/3.5-4.5 DiⅡ f10mm F3.5 ISO800 露出5秒×20コマ(1分48秒)を比較明合成  
お名前:紀宏 さん
コメント:雲が多くうまい具合に雲間にISSが入ってくれました

≫各写真のページへ

10月11日

           
タイトル:今夜(10/11)のISS
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町皆江
撮影日時:2017年10月11日19時35分40秒~10月11日19時36分41秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ(f36mm F3.5 ISO800) + 固定露出5秒を11枚合成
お名前:笹岡 省三 さん
コメント:湾内にいる漁船の漁火が明るい中を今月初見のISSが北斗の柄杓から出て飛翔して行きました。

≫各写真のページへ

10月 9日

   

       
タイトル:太陽面通過592km
撮影場所:千葉県鴨川市内浦
撮影日時:2017年10月9日13時16分45秒~10月9日13時16分46秒
撮影機材:FS102屈折+CanonEOS7DMK2 ×2バロー ND3.8ソーラーフィルター使用 ISO100 1/5000秒 10コマ比較暗合成(1枚目) Mk66マクカセ+CanonEOS7D ×1.4エクステンダー ND3.8ソーラーフィルター使用 ISO200 1/5000秒 7コマ比較暗合成(2枚目) 2台とも赤道儀自動追尾
お名前:坂井美晃 さん
コメント:太陽は雲に隠れたり出たりの繰り返しでしたが、 通過時刻直前に大きな晴れ間が来て、撮影できました。 ISSまで592km。太陽は秋分をすぎて南中高度が低く、 通過時の細部撮影が難しくなってきました。

≫各写真のページへ

10月 2日

           
タイトル:スマホで撮影したISS
撮影場所:北海道帯広市
撮影日時:2017年10月2日17時49分
撮影機材:SONY SO-04H f/2 1/8秒 ISO-4000
お名前:中林昭一郎 さん
コメント:スマホで適当にズームして撮影しました。 投稿画像はトリミングしています。

≫各写真のページへ

9月30日

           
タイトル:スマートホンでISSを撮影
撮影場所:北海道千歳市
撮影日時:2017年9月30日19時29分20秒~9月30日19時32分18秒
撮影機材:ASUS ZenFone 2 Laser + Bluetoothリモコンシャッター(DAISO)
お名前:白石喜啓 さん
コメント:このスマホの標準カメラアプリにはマニュアルモードが細かく設定できることを知ったので、試してみました。 フォーカス:無限 ISO:400 シャッタースピード:4秒 インターバルタイマーがないため、画面を見ながらリモコンレリーズのボタンを押すことを繰り返しました。 15枚を比較明合成したものです。 北斗七星の「器」部分で地球の影に入って見えなくなりました。 重装備のカメラがなくとも、(カメラアプリ次第ですが)スマホでも割と撮影できることがわかりました。

≫各写真のページへ

           
タイトル:夕焼けとISS
撮影場所:神奈川県横浜市港南区下永谷5-2-1
撮影日時:2017年9月30日17時55分20秒~9月30日17時56分40秒
撮影機材:D500+Samuyang8mm、ISO200、F5.6、2.5秒、32枚比較明合成
お名前:コララテ さん
コメント:延べ128枚撮影したが、夕日と重なり合成では一部分だけしか表せなかった。厳しい時間帯だったが9月最後のISSを見られた。

≫各写真のページへ

   

   

   
タイトル:長月最後のISS
撮影場所:東京練馬区アパート2階ベランダ
撮影日時:2017年9月30日17時52分30秒~9月30日17時56分30秒
撮影機材:Canon EOS Kiss DigitalN EF-S18-55mm ISO100 F:8 1.3s17コマ、16コマ、14コマを多重比較明合成 焦点35mm 画質調整した
お名前:梅香 さん
コメント:今夕は9月最後の日です昨日より仰角24度と高かったが東京日の入り17時27分とまだ周囲がかなり明るく撮影条件設定が難しかった、一枚目は矢印でISSの位置を示した、今回初めての経験ですが見え終わり方位北北東仰角20度位でISSの反射光が強く輝き驚きました、スタッフの皆さま有難う御座いました。

≫各写真のページへ

9月29日

           
タイトル:コスミック ISS
撮影場所:埼玉県日高市 巾着田
撮影日時:2017年9月29日18時49分18秒~9月29日18時51分37秒
撮影機材:Canon EOS5D MarkⅣ+EF17-40mm F4.0L 27コマを比較明合成 (各コマ:17mm、F4.0、4秒、ISO2000)
お名前:ハマのすーさん さん
コメント:彼岸花は終わりかけですが、満開のコスモスの上を西から 北へ低空コースのです。

≫各写真のページへ

           
タイトル:ISS、 北天の空を下る
撮影場所:自宅 (横浜市旭区)
撮影日時:2017年9月29日18時49分04秒~9月29日18時49分19秒
撮影機材:オリンパス SP-500UZ 200ミリ f3.3  ISO 100 15秒露光 三脚固定
お名前:菱倉 勉 さん
コメント:低気圧が去った後、爽やかな晴天となる。 9月もあと2日となった29日、18時48分25秒ころ、 ISSが北北西より現れ、北の低い空を通過し、 徐々に光度を下げながら、北北東の低い山陰に消えた。 (移動:左から右へ)

≫各写真のページへ

   

       
タイトル:仰角15度のISS
撮影場所:東京練馬区アパート5階
撮影日時:2017年9月29日18時44分30秒~9月29日18時48分00秒
撮影機材:Canon EOS Kiss DigitalN EF-S18-55mm ISO400 F5.6 5秒×9コマと6コマを多重比較明合成 焦点35mm 画質補正した
お名前:梅香 さん
コメント:西北西を狙ってレンズを向けていたがISSを確認したのが北北西あたりに来てからで急ぎ向きを変えて写した、やっと画面に収まった状態で冷っとした、二枚目は後半雲に隠れてしまい6コマとなった。明日は仰角24度なので今夜よりは上手く写せると思う。

≫各写真のページへ

           
タイトル:まだ明るい中を飛翔のISS
撮影場所:遠賀郡芦屋町夏井ケ浜
撮影日時:2017年9月29日18時42分~9月29日18時46分
撮影機材:E410 オリンパスカメラ 露出時間=1.3秒連写128回その後比較明合成 焦点距離=14mm F値=4.0 ISO=400
お名前:yoshi さん
コメント:北からの風が強く 上げ潮に乗って波が激しくブロックに当たっている。そんな まだ明るい中 西から飛翔のISS 目視確認できたのは既に北を過ぎ雲間から明るく輝く光跡を見つけた時だった。  ** でもカメラのスイッチは入れていたので写りこんでくれていた。

≫各写真のページへ

9月28日

           
タイトル:今夜(9/28)のISS
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2017年9月28日19時35分35秒~9月28日19時37分14秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ(f31mm F3.2 ISO1600) + 固定露出10秒を9枚合成
お名前:笹岡 省三 さん
コメント:一昨日とほぼ同じ方向の空低くISSが飛翔して行きました。

≫各写真のページへ

   

       
タイトル:北斗七星の中を進むISS
撮影場所:遠賀郡芦屋町夏井ケ浜
撮影日時:2017年9月28日19時35分~9月28日19時38分
撮影機材:E620 オリンパスカメラ 露出時間=15秒連写10回その後比較明合成 焦点距離=14mm F値=2.8 ISO=640
お名前:yoshi さん
コメント:西から飛翔して来たISS 北北西にある北斗七星の柄杓の中を貫いて北へと進んで行った。 今日の玄海の海は沢山の船が航行する中やや霞んでいたがISSは目視でもはっきりと飛翔してゆくさまが見てとれた。

≫各写真のページへ

9月26日

           
タイトル:二周目のISS
撮影場所:東京練馬区アパート5階
撮影日時:2017年9月26日19時45分00秒~9月26日19時46分30秒
撮影機材:Canon EOS Kiss DigitalN EF-S18-55mm ISO800 F:5.6 5秒×15コマ 焦点20mmを多重比較明合成 明るさ画質補正した
お名前:梅香 さん
コメント:今夜二周目のISSを写しました今年に入り始めての経験です 仰角17度と低く案の定ISSからの反射光弱く又薄雲ともやで条件悪し画面に矢印をつけて何とか確認できる状態です。

≫各写真のページへ

           
タイトル:本日2回目のISS 我が家の屋根を南に北に
撮影場所:能美市緑が丘 自宅の屋根から
撮影日時:2017年9月26日19時44分29秒~9月26日19時46分22秒
撮影機材:EOS Kiss X2+TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ  ISO 800 f11mm F3.5 ss5 で20コマを比較明合成
お名前:紀宏 さん
コメント:1日で2回の撮影は初めてです、最大仰角30度以下の時今まで撮ったことがなかつたが、これからはできる限り挑戦しようと思う北陸は天候が悪いので 条件の良い時だけでなく天気さえ良ければ頑張って撮って見たいと思う。

≫各写真のページへ

           
タイトル:賑やかな空と海
撮影場所:遠賀郡芦屋町夏井ケ浜
撮影日時:2017年9月26日19時42分~9月26日19時46分
撮影機材:E620 オリンパスカメラ 露出時間=5秒連写14回その後比較明合成 焦点距離=14mm F値=2.8 ISO=1800
お名前:yoshi さん
コメント:西から飛翔して来たISSは玄海の海の上を北へと進んでいるが海上には沢山の船が航行し空では東から西へと向かってゆく飛行機が次々と、、、そんな中をISSが明るい光跡を残し進んで行った。少し靄がかかっていたが今日は賑やかな空と海だった。 ***カメラにタイマーを取り付ける際コードを誤って切断したので今日はシャッターは手押しだった。マイッタ !!

≫各写真のページへ

           
タイトル:今夜(9/26)のISS
撮影場所:愛媛県西予市三瓶町朝立
撮影日時:2017年9月26日19時41分33秒~9月26日19時46分40秒
撮影機材:Canon EOS 60Da + TOKINA AT-X 107 DX Fisheye (10-17mm/F3.5-4.5) (f12mm F5.6 ISO6400) + 固定露出10秒を26枚合成
お名前:笹岡 省三 さん
コメント:アルクトゥルスから北極星付近の空低くへとISSが飛翔して行きました。

≫各写真のページへ

≫ 続きを見る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約