サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうタイムズ

ISS・きぼうタイムズ -2019年12月号-

最終更新日:2019年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ISS・きぼうタイムズです。

今月は筑波宇宙センターにて、超小型衛星2機の引き渡しがありました。来年に打ち上げおよび「きぼう」日本実験棟からの放出を予定しております。詳細は、ホームページにて掲載しますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

では、12月の国際宇宙ステーションや「きぼう」日本実験棟に関するニュースをお届けします。

【今月の「ISS・きぼう」ヘッドラインニュース】

グアテマラ初の超小型衛星がJAXAに引き渡されました(2019年12月6日)
12月3日、筑波宇宙センターにおいて、グアテマラ・デル・バジェ大学が開発する「Quetzal-1」が衛星開発チームからJAXAに引き渡され、来年春頃の放出を目指して、打ち上げに向けた準備作業を開始しました。

グアテマラ・デル・バジェ大学衛星開発チームと放出予定の衛星(出典:JAXA)


「きぼう」からの衛星放出事業の民間移管後初となる超小型衛星がJAXAに引き渡されました~いよいよ小型衛星放出事業が本格化します~(2019年12月6日)
12月5日、JAXA筑波宇宙センターにおいて、『G-SATELLITE』衛星が事業者であるSpace BD株式会社からJAXAに引き渡され、来年春頃の放出を目指して、打ち上げに向けた準備作業を開始しました。

超小型衛星を前に記念撮影を行う衛星開発チームとJAXA関係者ら(出典:JAXA)


宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ「HISUI」が「きぼう」船外実験プラットフォームへ設置されました(2019年12月13日)
経済産業省が開発・運用を担当している「HISUI」が、先週12月6日にSpaceX社のドラゴン補給船運用19号機(SpX-19)で国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられ、12日に「きぼう」日本実験棟の船外プラットフォームへ設置されました。

~海外初となる民間ベンチャーによる「きぼう」船外利用が2020年春頃に開始~ スペインの宇宙ベンチャーSatlantis社開発のペイロード"iSIM"がJAXAに引き渡されました(2019年12月17日)
2019年12月16日(月)、JAXA筑波宇宙センターにおいて、「きぼう」船外実験プラットフォームに搭載されるペイロード『Integrated Standard Imager for Microsatellites(以下、"iSIM")』がSpace BD株式会社からJAXAに引き渡され、2020年春頃の技術実証開始を目指して、打ち上げに向けた準備作業を開始しました。

 

そのほかの12月のISS・きぼうに関するニュースは以下をご覧ください。
トピックス記事一覧



【イベント・メディア情報】

★イベント情報★

「地球人講座in熊本」開催/熊本城ホールにて大西宇宙飛行士講演
日時:2020年1月26日(日) 14時30分~

 

そのほかのイベント・メディア情報は以下をご覧ください。
メディア・イベント情報

【JAXA宇宙飛行士最新情報】

★野口宇宙飛行士&星出宇宙飛行士Twitterでは、本人たちがミッションに向けた訓練や日々の生活について等、様々なことを発信しています。フォローして、チェックしてみてくださいね!

野口聡一(@Astro_Soichi)

星出彰彦(@Aki_Hoshide)


【今月は2枚】

4年前の2015年12月11日、油井宇宙飛行士がISS長期滞在から帰還しました。     


2年前の2017年12月17日、金井宇宙飛行士がISS長期滞在に向けて打ち上げられました。

今月の「ISS・きぼうタイムズ」いかがでしたか?次回の発行は2020年1月末頃を予定しています。

発行者:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター

受信アドレスの変更、登録解除は、メールサービス(携帯可)から行えます。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約