サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうタイムズ

ISS・きぼうタイムズ -2019年11月号-

最終更新日:2019年11月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ISS・きぼうタイムズです。

9月25日に打ち上がりました「こうのとり」8号機、11月3日に大気圏への再突入完了を確認することができました。国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアームからの分離ライブ中継は夜遅い時間帯でしたが、多くの方にご覧いただきありがとうございました。

気が早いですが、次の「こうのとり」9号機も引き続き応援をよろしくお願いいたします。

では、11月の国際宇宙ステーションや「きぼう」日本実験棟に関するニュースをお届けします。

【今月の「ISS・きぼう」ヘッドラインニュース】

[プレスリリース]宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機(HTV8)の大気圏への再突入完了について(2019年11月3日)
宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機(HTV8)は、11月3日(日)10時41分(日本時間)に第3回軌道離脱マヌーバを実施し、大気圏に再突入しました。 HTV8は、所期の目的である国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送を完遂しました。

「こうのとり」8号機(HTV8)の大気圏への再突入完了を確認しました(2019年11月3日)

「こうのとり」8号機再突入時のHTV運用管制室の様子(出典:JAXA)


高品質タンパク質結晶生成実験2019B期 搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】(2019年11月8日)
「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」プロジェクトは、JAXAがこれまでに獲得・蓄積してきた結晶生成技術を適用し、国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟において高品質なタンパク質結晶を生成し、成果を社会に還元することを目的としています。本募集では2020年夏期以降に搭載するタンパク質を募集します。

「きぼう」から超小型衛星3機放出に成功!(2019年11月21日)
11月20日に、「きぼう」日本実験棟からルワンダ政府関係機関/東京大学(RWASAT-1)、九州工業大学/エジプト国立リモートセンシング宇宙科学機関(NARSSCube-1)、Space BD株式会社/東京大学(AQT-D)の超小型衛星3機が放出されました。

超小型衛星の放出成功を喜ぶ関係者(出典:JAXA)

 

そのほかの11月のISS・きぼうに関するニュースは以下をご覧ください。
トピックス記事一覧



【イベント・メディア情報】

★イベント情報★

かごしまスペースフェスタ2019にて、大西宇宙飛行士が講演
日時:2019年12月7日(土) 14時30分~15時30分(事前申込制、定員300名)
場所:鹿児島市立科学館

 

そのほかのイベント・メディア情報は以下をご覧ください。
メディア・イベント情報

【JAXA宇宙飛行士最新情報】

★野口宇宙飛行士&星出宇宙飛行士Twitterでは、本人たちがミッションに向けた訓練や日々の生活について等、様々なことを発信しています。フォローして、チェックしてみてくださいね!

野口聡一(@Astro_Soichi)

星出彰彦(@Aki_Hoshide)


【今月は2本】

今月の「ISS・きぼうタイムズ」いかがでしたか?次回の発行は12月末頃を予定しています。

発行者:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター

受信アドレスの変更、登録解除は、メールサービス(携帯可)から行えます。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約