サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 1E(STS-122)

最新情報

最終更新日:2008年2月20日

スペースシャトル「アトランティス号」の着陸

写真:NASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸するアトランティス号

NASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸するアトランティス号

飛行14日目

スペースシャトル「アトランティス号」は、米国東部標準時間2月20日午前9時07分(日本時間2月20日午後11時07分)に、NASAケネディ宇宙センター(KSC)に無事着陸し、12日と18時間22分にわたるミッションを終えました。

飛行14日目ハイライト(着陸)
飛行14日目のハイライトをご覧いただけます。
STS-122 NASAステータスレポート#27
NASA発行のレポートの仮訳です。
【プレスリリース】スペースシャトル「アトランティス号」(STS-122/国際宇宙ステーション組立てミッション(1E))の着陸について(2008年2月20日)

これまでの経緯

2008年2月20日:STS-122ミッション 軌道離脱噴射完了

飛行14日目

スペースシャトル「アトランティス号」は、米国東部標準時間2月20日午前7時59分(日本時間2月20日午後9時59分)から軌道離脱噴射を行いました。

アトランティス号は2月20日午前9時07分(同2月20日午後11時07分)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸する予定です。

2008年2月20日:STS-122ミッション 飛行14日目

飛行14日目

スペースシャトル「アトランティス号」は、NASAケネディ宇宙センター(KSC)への帰還に向けて飛行しています。

アトランティス号は、米国東部標準時間2月20日午前7時59分(日本時間2月20日午後9時59分)に軌道離脱噴射を行い、同日午前9時07分(同2月20日午後11時07分)にKSCに着陸する予定です。

飛行14日目の着陸機会は全部で4回あり、KSCの他にカリフォルニア州のエドワーズ空軍基地への着陸が可能となっています。

STS-122 NASAステータスレポート#26
NASA発行のレポートの仮訳です。

2008年2月20日:STS-122ミッション 飛行13日目終了

飛行13日目

写真:帰還に向け飛行するアトランティス号

帰還に向け飛行するアトランティス号

スペースシャトル「アトランティス号」では、飛行制御システム(Flight Control System: FCS)や姿勢制御システム(Reaction Control System: RCS)の点検、Kuバンド通信アンテナの収納、船内の片付けなどの帰還に向けた準備や、広報イベントが行われました。

アトランティス号は、飛行14日目の米国東部標準時間2008年2月20日午前9時07分(日本時間2008年2月20日午後11時07分)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸する予定です。

飛行13日目ハイライト(広報イベント)
飛行13日目のハイライトをご覧いただけます。
STS-122 NASAステータスレポート#25
NASA発行のレポートの仮訳です。

2008年2月19日:STS-122ミッション 飛行13日目

飛行13日目

スペースシャトル「アトランティス号」では、帰還に向け、飛行制御システム(Flight Control System: FCS)や姿勢制御システム(Reaction Control System: RCS)の点検、Kuバンド通信アンテナの収納、船内の片付けなどが行われます。

アトランティス号は、飛行14日目の米国東部標準時間2008年2月20日午前9時07分(日本時間2008年2月20日午後11時07分)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸する予定です。

STS-122 NASAステータスレポート#24
NASA発行のレポートの仮訳です。

2008年2月19日:STS-122ミッション 飛行12日目終了

写真:分離後のアトランティス号から見たISS

分離後のアトランティス号から見たISS

飛行12日目

スペースシャトル「アトランティス号」は、国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、ISSの周囲を1周した後ISSから離れ、センサ付き検査用延長ブーム(Orbiter Boom Sensor System: OBSS)を使用したオービタの熱防護システム(Thermal Protection System: TPS)の後期点検が行われました。

アトランティス号は、飛行14日目の米国東部標準時間2008年2月20日午前9時07分(日本時間2008年2月20日午後11時07分)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸する予定です。

飛行12日目ハイライト(ISSからの分離)
飛行12日目のハイライトをご覧いただけます。
STS-122 NASAステータスレポート#23
NASA発行のレポートの仮訳です。

2008年2月18日:STS-122ミッション 飛行12日目

飛行12日目

スペースシャトル「アトランティス号」は、米国中部標準時間2月18日午前3時24分(日本時間2月18日午後6時24分)に国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。

分離後、ISSの周囲を1周した後ISSから離れ、アトランティス号では、センサ付き検査用延長ブーム(Orbiter Boom Sensor System: OBSS)を使用したオービタの熱防護システム(Thermal Protection System: TPS)の後期点検が行われます。

STS-122 NASAステータスレポート#22
NASA発行のレポートの仮訳です。
1  2  3  4  5  6  7  8 |
(写真は全てNASA提供)
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約