サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 1E(STS-122)

軽量型曝露機器輸送用キャリア(ICC-Lite)

最終更新日:2007年12月1日

軽量型曝露機器輸送用キャリア(Integrated Cargo Carrier: ICC-Lite)は、ISSの船外に取り付ける機器などをスペースシャトルで輸送する際に使用されるキャリアであるICCの幅を半分にして軽量化したもので、今回が初飛行となります。

打上げ時には、欧州宇宙機関(ESA)の実験装置などを搭載してISSに運搬し、帰還時には、故障したコントロール・モーメント・ジャイロ(Control Moment Gyroscope: CMG)や空になった窒素タンク(Nitrogen Tank Assembly: NTA)を搭載して回収します。

画像

打上げ時のICC-Lite(提供:NASA)

画像

帰還時のICC-Lite(提供:NASA)

STS-122ミッションでは、主に以下の機器がICC-Liteに搭載され、ISSに運ばれます。

ICC-Liteの搭載物

ICC-Liteの搭載物(左)(提供:NASA)とコロンバス外部への取付けイメージ(右)(クA軼SA-D. Ducros)

太陽観測装置(Solar Monitoring Observatory: SOLAR)

欧州宇宙機関(ESA)の太陽観測装置で、コロンバスの外部に設置されます。3つの観測機器で構成されており、太陽から放射される様々な波長の電磁波を観測します。

欧州技術曝露実験装置(European Technology Exposure Facility: EuTEF)

複数の実験装置(宇宙環境の測定、宇宙曝露実験、工学試験など)を搭載したESAの技術試験装置で、コロンバスの外部に設置されます。

窒素タンク(Nitrogen Tank Assembly: NTA)

P1トラスとS1トラスに設置されている窒素ガスタンクで、熱制御用の冷媒であるアンモニアを充填する際の 加圧に使われるものであり、「ハーモニー」(第2結合部)起動時に窒素ガスを使い切ったために交換が行われます。STS-122ミッションで運んで交換するのはP1トラス側ですが、S1トラス側の新しいNTAは既に船外保管プラットフォーム3(External Stowage Platform: ESP-3)に保管されており、1J(STS-124)ミッションで交換される予定です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約