サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 1E(STS-122)

第1回船外活動

最終更新日:2007年12月1日

コロンバスの取付け準備

国際宇宙ステーション(ISS)船内のクルーが「カナダアーム2」(ISSのロボットアーム)を操作してペイロードベイ(貨物室)から「コロンバス」(欧州実験棟)を取り出す前に、以下の作業をペイロードベイ内で行います。

写真

第1回船外活動開始時のペイロードベイ内の搭載イメージ

電力・通信インタフェース付グラプル・フィクスチャ(PDGF)のコロンバス外壁への取付け

コロンバスの外壁に電力・通信インタフェース付グラプル・フィクスチャ(Power and Data Grapple Fixture: PDGF)を設置します。このPDGFはコロンバスをペイロードベイから取り出す際にカナダアーム2で把持する場所となります。

打上げ時、PDGFをコロンバスに設置するスペースがないため、PDGFはコロンバスに取り付けず、ペイロードベイ側面に搭載されます。

写真

ペイロードベイ内での作業イメージ

共通結合機構(CBM)カバーの取外し

コロンバスのISSへの結合部となる共通結合機構(Common Berthing Mechanism: CBM)に取り付けられているカバーを取り外します。このカバーはCBMに汚れが付着するのを防ぐために取り付けられています。

ヒータケーブルの切離し

スペースシャトルからコロンバスにヒータ電力を供給するヒータケーブルを切り離します。

P1トラスの窒素タンク(NTA)の交換準備

写真

P1トラスのNTA

第2回船外活動で行う、P1トラスの窒素タンク(Nitrogen Tank Assembly: NTA)の交換作業に備えて、配線を外す作業や、NTAの仮置き用の工具の設置、NTAのボルトを緩める作業など、一部の作業を行っておきます。

(写真、画像は全てNASA提供)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約