サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 1E(STS-122)

第3回船外活動

最終更新日:2007年12月1日

太陽観測装置(SOLAR)と欧州技術曝露実験装置(EuTEF)の取付け

軽量型曝露機器輸送用キャリア(Integrated Cargo Carrier: ICC-Lite)に搭載して運搬した、欧州宇宙機関(ESA)の船外実験装置、太陽観測装置(Solar Monitoring Observatory: SOLAR)と欧州技術曝露実験装置(European Technology Exposure Facility: EuTEF)を、「コロンバス」(欧州実験棟)の外部に取り付けます。

写真

コロンバスへの実験装置の取付け(©ESA-D. Ducros)

故障したコントロール・モーメント・ジャイロ(CMG)の回収

STS-118ミッション時に交換され、船外保管プラットフォーム2(External Stowage Platform: ESP-2)に保管されている故障したコントロール・モーメント・ジャイロ(Control Moment Gyroscope: CMG)を回収します。回収したCMGはICC-Liteに搭載して、地上に持ち帰ります。

写真

CMGの回収(提供:NASA)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約