サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 1E(STS-122)

クルー

最終更新日:2007年12月1日
写真

STS-122クルー

スティーブ・フリック(Stephen Frick)

写真:

コマンダー(Commander)

1964年、米国ペンシルバニア州生まれ。航空工学修士、米海軍少佐。
1996年にNASA宇宙飛行士として選抜され、2年後にパイロット宇宙飛行士として認定される。STS-110ミッション(2002年)でパイロットとして初飛行。STS-122ミッションが2回目の飛行となる。

アレン・ポインデクスター(Alan Poindexter)

写真:

パイロット(Pilot)

1961年、米国カリフォルニア州生まれ。
1998年にNASA宇宙飛行士として選抜される。STS-122ミッションが初飛行となる。ISS内から船外活動の指揮を担当する。

リランド・メルヴィン(Leland Melvin)

写真:

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)1

1964年、米国バージニア州生まれ。
1998年にNASA宇宙飛行士として選抜される。STS-122ミッションが初飛行となる。「カナダアーム2」(ISSのロボットアーム)、スペースシャトルのロボットアーム(SRMS)の操作を担当する。

レックス・ウォルハイム(Rex Walheim)

写真:

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)2

1962年、米国カリフォルニア州生まれ。生産工学修士、米空軍中佐。
1996年にNASA宇宙飛行士として選抜される。STS-110ミッション(2002年)で初飛行。STS-122ミッションが2回目の飛行となる。EV(Extra Vehicular)1として3回の船外活動を担当する。

ハンス・シュリーゲル(Hans Schlegel)

写真:

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)3

1951年、ドイツ、ユーバリンゲン生まれ。欧州宇宙機関(ESA)宇宙飛行士。
STS-55ミッション(1993年)で初飛行。STS-122ミッションが2回目の飛行となる。EV2として2回の船外活動を担当する。

スタンリー・ラブ(Stanley Love)

写真:

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)4

1965年、米国カリフォルニア州生まれ。
1998年にNASA宇宙飛行士として選抜される。STS-122ミッションが初飛行。EV3として1回の船外活動を担当するほか、カナダアーム2の操作を担当する。

ISS長期滞在クルー(打上げ)

レオポルド・アイハーツ(Leopold Eyharts)

写真:

1957年、フランス生まれ。フランス空軍学校卒業。
フランス空軍の戦闘機パイロットを経て、1990年にフランス国立宇宙研究センター(CNES)より宇宙飛行士として選抜される。1998年、ミール宇宙ステーションに3週間滞在。1998年にNASAのMSとして認定される。
STS-122ミッションが2回目の飛行となる。第16次長期滞在クルーのダニエル・タニ宇宙飛行士と交代し、約2ヶ月間ISSに滞在し、1J/A(STS-123)ミッションで帰還予定。

ISS長期滞在クルー(帰還)

ダニエル・タニ(Daniel Tani)

写真:ダニエル・タニ

1961年、米国ペンシルベニア州生まれ。機械工学修士。日系3世。
STS-108ミッション(2001年)で初飛行。2回目の飛行であるSTS-120ミッション(2007年10月)でクレイトン・アンダーソン宇宙飛行士と交代し、約2ヶ月間ISSに滞在。STS-122ミッションでレオポルド・アイハーツ宇宙飛行士と交代し、帰還する。

(写真は全てNASA提供)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約