サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

曝露機器輸送用キャリア(ICC-VLD)

最終更新日:2009年6月12日
画像:ICC-VLD

曝露機器輸送用キャリア(ICC-VLD)(提供:NASA)

曝露機器輸送用キャリア(Integrated Cargo Carrier-Vertical Light Deployable: ICC-VLD)は、国際宇宙ステーション(ISS)船外の機器類をスペースシャトルで輸送するためのキャリアです。2J/A(STS-127ミッション)では、ISSの軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)3基とP6トラスのバッテリ6台を運搬します。

ICCは過去のスペースシャトルによるISS組立てミッションでも飛行していますが、今回初飛行となるICC-VLDは、特徴として、軌道上でペイロードベイ(貨物室)から取り外して、ISSの仮置き場所に設置することが可能となっています。

曝露機器輸送用キャリア(ICC-VLD)で運ぶ軌道上交換ユニット(ORU)

リニア駆動ユニット(Linear Drive Unit: LDU)

モービルトランスポータ(台車:MT)*がトラス上を走行するための駆動用モータ。今回運ぶLDUは、故障時に備えた予備品です。

*:モービルベースシステム(Mobile Base System: MBS)を取り付けた状態で、ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を乗せてトラス上を移動する台車

ポンプモジュール2(Pump Module 2: PM2)

ISSの外部能動熱制御システム(External Thermal Control System: ETCS)の冷却ループで使われている、液体アンモニアを循環させるためのポンプで、ISSでは計2台使用されています(S1トラスとP1トラス)。ポンプモジュールが故障すると、ETCS冷却ループの機能が失われ、ISSの約半分の熱制御機能が失われることになります。今回運ぶPM2は予備品で、これでISS上の予備品は2台になります。

Kuバンドアンテナ(Space-to-Ground Antenna: SGANT)

ISSの高速高容量データ通信を可能にするKuバンドシステムの構成要素です。データや映像、クルーの手順書やタイムライン、IP電話、その他の高速通信などは、このKuバンド回線を使用して行われています。SGANTはZ1トラスに取付けられており、今回運ぶSGANTは予備品です。

バッテリ

バッテリは、ISSの太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)で発電した電力を貯めておいて、日陰時の電力供給に使用するものです。今回運ぶバッテリ6台は、P6トラスの古くなったバッテリと交換します。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約