サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

搭載物

最終更新日:2009年06月10日
画像

ペイロードベイ(貨物室)の搭載状況(提供:NASA)
(青字は搭載物、黒字はスペースシャトルシステム、下線は各説明ページへのリンクを表します。)

船外実験プラットフォーム
国際宇宙ステーション(ISS)の大きな特徴である、広い視野、高真空、微小重力などの宇宙曝露環境を利用して、科学観測、地球観測、通信、理工学実験などを実施することができる多目的実験スペースです。
船外パレット
「きぼう」船外実験プラットフォームで運用する以下の船外実験装置や、システム機器類などをISSに運ぶためのキャリアです。
曝露機器輸送用キャリア(Integrated Cargo Carrier-Vertical Light Deployable: ICC-VLD
ISS船外の機器類をスペースシャトルで輸送するための、米国のキャリアです。
JAXAの打上げ/回収品
JAXAが実施する宇宙実験に必要な補給用消耗品を打ち上げます。また、JAXAが実施した宇宙実験の成果を回収します。
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約