サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

「きぼう」の利用状況と今後の予定

最終更新日:2017年7月20日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 123KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 116KB]

【超小型衛星放出プラットフォーム】
<超小型衛星(J-SSOD#7※1)を宇宙空間に放出しました>
  • 7月7日に超小型衛星5基を宇宙空間へ放出しました。
    「きぼう」からBIRDSプロジェクトの超小型衛星5基の放出に成功!
    BIRDS※2プロジェクトは、九州工業大学とアジア・アフリカ諸国が参加した国際的な超小型衛星開発・運用プロジェクトで、JAXAが提供する「きぼう」からの超小型衛星放出機会(有償の仕組み)を利用したものです。
    5基の衛星の名称は、「TOKI」(日本)、「GhanaSat1」(ガーナ)、「Mazaalai」(モンゴル)、「Nigeria Edusat1」(ナイジェリア)、「BRAC Onnesha」(バングラデシュ)です。
  • ※1 小型衛星放出機構(J-SSOD)による超小型衛星放出の第7回シリーズ

    ※2 正式名称は "Joint Global Multi Nation Birds"


【船外ポート利用プラットフォーム】
<簡易曝露実験装置(ExHAM#1)のサンプルを交換します>
  • 7月19日に、地上から「きぼう」ロボットアームを操作して、「きぼう」船外実験プラットフォームに設置していたExHAM#1-2を「きぼう」船内へ回収しました。7月27日にExHAM#1-3を「きぼう」船外へ搬出し、「きぼう」船外実験プラットフォームに設置する予定です。

【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Group Combustion実験※3を終了しました>
  • 7月6日にGroup Combustion実験(液滴群燃焼実験)を終了しました。 本実験は、液滴間の火炎の燃え広がりと群燃焼が起こるメカニズムを解明することを目的としています。本実験の成果は、噴霧燃焼の数値シミュレーションの高度化につながることから、高効率で環境にやさしいエンジンの開発にも大きく寄与するものと期待されています。
  • ※3 ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現メカニズムの解明
    (代表研究者:三上真人 山口大学 大学院 創成科学研究科 教授)


Two-Phase Flow実験※4を開始します>
  • 7月21日の実験開始に向け、実験装置のセットアップおよび機能確認作業を7月12日から14日、17日から18日に行いました。 本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※4 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約