サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

画像:MAXIサイエンスニュース056号~060号を掲載しましたへリンク

MAXIサイエンスニュース056号~060号を掲載しました(2017年6月23日)

MAXIサイエンスニュース055号~060号を掲載しました。謎の天体MUSSTについて、はくちょう座V404星の26年ぶりの活動再開、人類初の重力波イベント観測、MAXIで中性子星の「サイズ」を測る、MAXIが2016年の ISS Research Awards "Space Station Top Results for Discoveries"を受賞などの話題をご紹介します。

画像:「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験(2017後期-2019年度)搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】へリンク

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験(2017後期-2019年度)搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】(2017年6月 9日)

「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」プロジェクトは、JAXAがこれまでに獲得・蓄積してきた結晶生成技術を適用し、ISS「きぼう」日本実験棟において高品質なタンパク質結晶を生成し、成果を社会に還元することを目的としています。本募集では2017後期-2019年度に搭載するタンパク質を募集します。

画像:「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 第3期実験シリーズ【民間利用促進コース】搭載タンパク質の募集についてへリンク

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 第3期実験シリーズ【民間利用促進コース】搭載タンパク質の募集について(2017年6月 9日)

ISS「きぼう」日本実験棟を利用して実施する「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」にて2018年春期に搭載するタンパク質を募集します。

画像:「きぼう」で行ったタンパク質結晶化実験の観察結果(速報)へリンク

「きぼう」で行ったタンパク質結晶化実験の観察結果(速報)(2017年6月 7日)

4月21日から「きぼう」にて実施していた高品質タンパク質結晶生成実験のサンプルが、6月2日に地上へ帰還しました。ロシアから日本に持ち帰った直後の6月6日に顕微鏡観察を実施しましたので、その一部を速報にてご紹介します。

画像:国際宇宙ステーションの「きぼう」で長期保存した精子DNAの正常性と宇宙マウスについて-人類の宇宙生殖の可能性を示す-へリンク

国際宇宙ステーションの「きぼう」で長期保存した精子DNAの正常性と宇宙マウスについて-人類の宇宙生殖の可能性を示す-(2017年5月26日)

山梨大学とJAXAによる共同研究グループは、ISSにある「きぼう」日本実験棟で長期保存したマウス精子のDNA損傷度を明らかにし、健康な産仔を作出することに初めて成功しました。この成果は米国科学アカデミー紀要(PNAS)の「In This Issue」にノミネートされ、オンライン掲載されました。

画像:タンパク質結晶生成実験(第2期シリーズ第6回実験)を開始しましたへリンク

タンパク質結晶生成実験(第2期シリーズ第6回実験)を開始しました(2017年4月24日)

国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟を利用する高品質タンパク質結晶生成実験(PCG)の第2期実験シリーズ第6回実験について、実験機材及び実験サンプルは平成29年4月20日午後4時13分(日本時間)にソユーズMS-04宇宙船(50S)にて打ち上げられ、同21日に「きぼう」船内実験室のタンパク質結晶生成装置(PCRF)に設置後、軌道上実験を開始しました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約