サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

最終更新日:2020年8月 3日

全天X線監視装置(MAXI)搭載のSSCにより世界で初めてX線CCDによる全天マップの取得に成功 (2020年4月30日)

宇宙航空研究開発機構 理化学研究所 大阪大学 国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟 船外実験プラットフォームに搭載の全天X線監視装置(Monitor of All-sly X-ray Image:MAXI)は、観...

利用状況と今後の予定 (2020年4月28日)

超小型衛星放出プラットフォーム <超小型衛星を放出します(J-SSOD#13)> 超小型衛星(Quetzal-1)※1の放出準備のため4月21、22、24日に、MPEP※2に取付け作業を行いました。取り付けられた超小型衛星は、4月28日...

きぼう利用テーマ選考評価委員会(生命医科学) (2020年4月28日)

構成員 委員長 山口 朗 東京歯科大学 口腔科学研究センター 客員教授 委員 牛田 多加志 東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻・バイオエン...

きぼう利用テーマ選考評価委員会(物質・物理科学) (2020年4月28日)

構成員 委員長 長井 寿 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 名誉研究員 委員 石川 正道 同志社大学 高等研究教育院 客員教授 ...

「きぼう」から超小型衛星1機を4月28日(火)に放出する予定です (2020年4月23日)

今回放出される衛星は、グアテマラ・デル・バジェ大学が開発した「Quetzal-1」です。JAXAと国連宇宙部(UNOOSA)が連携して推進しているKiboCUBEプログラムの第2回公募で選定された、グアテマラ初の衛星です。 ライブ中継は...

インクリメント63 (2020年4月10日)

きぼう、先端技術獲得へのチャレンジ~先端細胞培養技術の実証と有人探査、事業自立化へ向けた利用事業拡大の継続~

利用状況と今後の予定 (2020年4月 8日)

新薬設計支援プラットフォーム <MT PCG#4※1実験を終了しました> JAXAの技術開発サンプルを用いた実験は4月5日に終了しました。ポータブル極低温冷凍庫(FROST2)から取り出したサンプルはドラゴン補給船20号機(SpX...
«前へ | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約