サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

最終更新日:2020年11月26日

宇宙ライフサイエンス研究は新たなステージへ ~宇宙生命科学統合バイオバンク「ibSLS」の公開とCell誌掲載~ (2020年11月26日)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)と共同で、ibSLS(宇宙生命科学統合バイオバンク、Integrated Biobank for Space Life Science)のデータベースを構築し、公開しました。

利用状況と今後の予定 (2020年11月25日)

船外ポート利用プラットフォーム <簡易曝露実験装置(ExHAM※1)を利用した曝露実験> 11月11日、地上から船外カメラを使用し、ExHAM2号機サンプルの定期観察を実施しました。 ※1 簡易曝露実験装置(Exposed Experi...

「きぼう」高品質タンパク質結晶生成実験事業における民間パートナー選定のための公募型企画提案の公告予告のお知らせ (2020年11月25日)

民間事業者へ公募型企画提案募集(RFP)への参加をご検討いただく期間をより長くご提供するため、「きぼう」高品質タンパク質結晶生成実験事業民間パートナー選定のためのRFP予告をお知らせします。

利用状況と今後の予定 (2020年11月11日)

船外ポート利用プラットフォーム <簡易曝露実験装置(ExHAM※1)を利用した曝露実験> 10月27日、ExHAM1号機のサンプル取り外しのため、「きぼう」エアロックスライドテーブルを船内に展開し、ExHAM♯1-5を取り外しました。 ...

インクリメント63 (2020年11月 9日)

きぼう、先端技術獲得へのチャレンジ~先端細胞培養技術の実証と有人探査、事業自立化へ向けた利用事業拡大の継続~

静電浮遊炉(ELF)を使用した高精度熱物性測定 (2020年11月 9日)

サービス概要 静電浮遊炉(Electrostatic Levitation Furnace: ELF)は、静電気力で試料を炉内で浮遊させながら、非接触で加熱、冷却することができる装置です。試料を保持する容器が不要なため、融点が3000℃...

第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会の決勝大会結果を発表します! (2020年10月30日)

第1回「きぼう」ロボットプログラミングチャレンジの予選が各参加国内で行われました!

第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会の予選が各参加国内で行われました! (2020年10月30日)

第1回「きぼう」ロボットプログラミングチャレンジの予選が各参加国内で行われました!

利用状況と今後の予定 (2020年10月28日)

船外ポート利用プラットフォーム <簡易曝露実験装置(ExHAM※1)を利用した曝露実験> 10月23日、ExHAM1号機のサンプル取り外しのため、地上から「きぼう」ロボットアームの 先端に取り付けられた子アーム(SFA)を操作して、ExH...

MAXIがまた明るいブラックホールX線新星を発見!〜MAXI J1348-630は典型的なブラックホールX線新星〜 (2020年10月19日)

ブラックホールX線連星MAXI J1348-630の観測成果をまとめた論文が、米国天体物理学専門誌「アストロフィジカルジャーナルレター」に掲載されました。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約