サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

NASA/JAXA合同シミュレーション(JMST)#2-1

最終更新日:2007年8月30日

2007年7月11日、「きぼう」日本実験棟の運用を模擬したNASA/JAXA合同シミュレーション(Joint Multi-Segment Training: JMST)#2-1を行いました。

JMSTとはNASAが国際宇宙ステーション(ISS)計画の国際パートナや遠隔地の管制施設と通信回線で接続して実施する運用シミュレーション訓練です。「きぼう」のJMSTは、JAXA筑波宇宙センター(TKSC)とNASAジョンソン宇宙センター(JSC)の各管制施設を接続して行われます。JAXAの運用管制員、NASAの飛行管制官は、協調運用に必要となる技術の向上を目的に訓練を行います。

今回の訓練では、1Jミッション後の「きぼう」の運用時に、異常や緊急事態が発生した際に適切に対処する運用技術について訓練を行いました。JSCからは古川宇宙飛行士が参加しました。

写真:より大きな写真へ
写真:より大きな写真へ
写真:より大きな写真へ

訓練の様子

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約