サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

「きぼう」の開発

最終更新日:2013年3月26日

「きぼう」日本実験棟は日本で開発され、組立・試験が行われた後NASAに輸送され、スペースシャトルで打ち上げられました。

開発

「きぼう」日本実験棟の開発では、開発過程を「開発基礎試験」、「エンジニアリングモデル(Engineering Model: EM)製作試験」、および「プロトフライトモデル(Proto Flight Model: PFM)製作試験」の3つに分けて実施しました。

≫「開発」詳細ページへ

実機モデルの製造、組立、試験

コンポーネント単位で製造および試験を行ってフライト品として完成し、アセンブリ単位、そして、各要素ごとに組み立てられました。そして、それぞれの組み立てが完成して、アセンブリ単位および各要素毎に試験が行われ、要素ごとに実機モデルとして問題がないことが検証されました。

≫「実機モデルの製造、組立、試験」詳細ページへ

NASAへの輸送

筑波宇宙センター(TKSC)に集結した「きぼう」は、スペースシャトルで打ち上げられるため、米国フロリダ州のNASAケネディ宇宙センター(KSC)に輸送されました。

≫「NASAへの輸送」詳細ページへ

NASAでの検証試験

「きぼう」はKSCに輸送され、発射台の近くで打上げに向けての最終チェックが行われました。

≫「NASAでの検証試験」詳細ページへ

打上げ整備作業

「きぼう」の打上げに向けた整備作業の最終段階では、スペースシャトル搭載準備作業が行われました。

≫「打上げ整備作業」詳細ページへ

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約