サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

1Jミッション

STS-124ミッションクルーによるつくば・名古屋でのミッション報告会の開催レポート(2008年8月 5日)

つくばでのミッション報告会の様子

2008年7月31日、茨城県つくば市のノバホールにて、STS-124(1J)ミッションクルーによるミッション報告会が開催され、約750人の方々にお越しいただきました。会場は夏休みという事も重なり多くの子供たちでにぎわいました。 また、2008年8月1日には、愛知県名古屋市の名古屋国際会議場にて報告会が開催され、約330人の方々にお越しいただきました。

≫ 続きを読む

≫ 最新情報

1Jミッション(STS-124ミッション)について

画像:1Jミッションロゴ

1Jミッションロゴ

画像:STS-124クルー

STS-124クルー

「きぼう」日本実験棟の打上げ第2便にあたる1Jミッション(STS-124ミッション)では、「きぼう」の船内実験室ロボットアームがスペースシャトルにより国際宇宙ステーション(ISS)に打ち上げられました。

このミッションには、星出彰彦宇宙飛行士が搭乗しました。

1J(STS-124)ミッション飛行計画

項目 計画
打上げ日時 2008年5月31日午後5時02分(米国東部夏時間)
2008年6月1日午前6時02分(日本時間)
打上げ場所 NASAケネディ宇宙センター(KSC) 39A 発射台
ISSとの結合日時 2008年6月2日午後1時03分(米国中部夏時間)
2008年6月3日午前3時03分(日本時間)
ISSからの分離日時 2008年6月11日午前6時42分(米国中部夏時間)
2008年6月11日午後8時42分(日本時間)
飛行期間 13日18時間13分
搭乗員 7名(星出宇宙飛行士搭乗。内1名はISS長期滞在クルー)
オービタ ディスカバリー号(35回目の飛行)(スペースシャトル通算123回目の飛行)
軌道高度 軌道投入高度:約226km、ドッキング高度:約343km
軌道傾斜角 51.6度
帰還日時 2008年6月14日午前11時15分(米国東部夏時間)
2008年6月15日午前0時15分(日本時間)
帰還場所 NASAケネディ宇宙センター(KSC)
主な搭載物 「きぼう」船内実験室「きぼう」ロボットアーム
  • 組立フライト名の“J”は日本関連のフライトであることを示します。1Jは、日本の要素のみをISSに運ぶ1回目の組立フライトであることを示します。
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約