サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

搭載ラック

最終更新日:2008年05月28日

「きぼう」日本実験棟船内実験室には、「きぼう」の運用を制御・管理するシステム類を搭載したシステムラックや、実験装置を搭載した実験ラックなどが設置されます。ラックは最大で23個まで設置することができます。

船内実験室の打上げ時の搭載状況

船内実験室の打上げ時の搭載状況

1J(STS-124)ミッションでは、「電力ラック2」、「情報管制ラック2」、「空調/熱制御ラック1」、「空調/熱制御ラック2」の4つのラックが船内実験室に搭載され、打ち上げられます。

「きぼう」のシステムラック
JAXAの実験ラック
船内実験室のラックの配置

船内実験室のラックの配置

2008年3月の「きぼう」打上げ第1便である1J/A(STS-123)ミッションでは、8つのラックが国際宇宙ステーション(ISS)の船内保管室に搭載されて運ばれました。これら全てのラックは、今回の1J(STS-124)ミッションで、ISSに取り付けられた船内実験室内に移設されます。

船内保管室の搭載ラック(1J/Aミッション)
船内保管室が第1便の理由
1Jミッション終了後の船内実験室内部のイメージ

1Jミッション終了後の船内実験室内部のイメージ
※ラックが設置されない部分には、ダミーパネル(布製のカバー)が設置されます。

以下に、1Jミッションで船内実験室に設置されるラックについて説明します。

「きぼう」のシステムラック

システムラックは、「きぼう」の運用を維持するために必要な電力、通信、空調、熱制御を確保するための機器類を搭載したラックです。1Jミッションで船内実験室に設置されるシステムラックは、以下の通りです。

「きぼう」のシステムラック

(1) 電力ラック1、2*
「きぼう」各部に安定した電力を分配するラック
(2) 情報管制ラック1、2*
「きぼう」各部とのデータのやりとりをするラック
(3) 空調/熱制御ラック1*、2*
「きぼう」内の温度や湿度、気圧を調整し空気清浄を制御するラック
(4) ロボットアーム制御ラック
「きぼう」ロボットアームを操作するロボットアーム操作卓を収めたラック
(5) ワークステーションラック
画像データ等を切り替える機器、音声端末装置(Audio Terminal Unit: ATU)、TVモニタ、警告・警報パネル(C&Wパネル)などを装備したラック
(6) 衛星間通信システムラック
衛星間通信システム(Inter-orbit Communication System: ICS)の管理を行う装置を搭載したラック

*今回の1Jミッションで打ち上げられるラック。その他*印のないものは、1J/Aミッションですでに打ち上げられ、1Jミッションで船内実験室に移設されるラック。

「きぼう」のA系、B系システム

「きぼう」の運用を担う主要システムはA系、B系の冗長構成となっており、ラックもそれぞれA系ラックとB系ラックにわかれています。二重冗長構成になっているラックは、「電力ラック」、「情報管制ラック」、「空調/熱制御ラック」で、「電力ラック1」はA系、「電力ラック2」はB系のシステムにより運用されます。

この構成により、「きぼう」の冗長性が確保されています。通常は両系とも稼働させる必要がありますが、例えば、A系の電力ラックに何らかの問題が生じて停止した場合でも、B系の電力システムのみで運用を継続することができます。

JAXAの実験ラック

実験装置を搭載する実験ラックは、ISSの標準設計となっており、国際標準実験ラック(International Standard Payload Rack: ISPR)と呼ばれます。船内実験室には、生物実験と材料実験を中心として合計10個の実験ラックを搭載することができます。

1J/Aミッションで、JAXAの実験ラックである「細胞培養実験ラック(SAIBOラック)」と「流体実験ラック(RYUTAIラック)」がISSに運ばれました。これらは、今回の1Jミッション中に船内実験室に移設されます。

ミッション中はまだ実験を行うことはできませんが、1Jミッション後に実験装置の配線接続作業や軌道上での点検を行った後、初期運転が行われる予定です。

JAXAの実験ラック

(7) 細胞培養実験ラック(SAIBOラック)
植物や細胞などを培養し、宇宙環境が生物に与える影響を解明するための実験装置を搭載したラック
■搭載実験装置
(8) 流体実験ラック(RYUTAIラック)
マランゴニ対流の観察や結晶成長実験などを行い、結晶生成メカニズムの解明や結晶成長制御技術開発を行うための実験装置を搭載したラック
■搭載実験装置

その他のラック

システムラック、実験ラックのほか、1J/AミッションでISSに運ばれた保管ラックも、今回の1Jミッション中に船内実験室に移設されます。

その他

(9) 保管ラック
実験試料などを収納する保管庫としての役割を持つラック
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約