サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

画像:へリンク

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 2018B期 搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】 (2018年11月29日)

「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」プロジェクトは、JAXAがこれまでに獲得・蓄積してきた結晶生成技術を適用し、ISS「きぼう」日本実験棟において高品質なタンパク質結晶を生成し、成果を社会に還元することを目的としています。本募集では2019年度9月以降に搭載するタンパク質を募集します。

画像:へリンク

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2018年11月21日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2018年11月21日版を紹介します。

画像:へリンク

小型回収カプセルで持ち帰ったタンパク質結晶について(速報) (2018年11月16日)

小型回収カプセルで持ち帰ったタンパク質結晶について(速報)

画像:へリンク

マレーシアの材料曝露実験サンプルが日本に引き渡されました!~来年春に「きぼう」で船外実験開始予定!~ (2018年11月 8日)

2018年11月2日、マレーシアの材料曝露実験サンプルがJAXA筑波宇宙センター(TKSC)において、関係者が見守る中、JAXAに引き渡されました。

画像:へリンク

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2018年11月 7日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2018年11月7日版を紹介します。

画像:へリンク

「きぼう」利用研究の進捗状況・搭載実験装置について、アジア微小重力シンポジウムで発表します (2018年11月 6日)

平成30年11月12日から16日に中国広東省珠海市で開催される第12回アジア微小重力シンポジウム(12th Asian Microgravity Symposium)において、「きぼう」日本実験棟を利用する研究の進捗状況、搭載実験装置に関する2件の発表を行います。

<< 前のページへ | 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約