サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

小型魚類を用いて、宇宙で起こる骨格筋の変化を遺伝子レベルでの解明を目指す科学実験(Zebrafish Muscle 2)が終了しました。 (2017年12月26日)

2014年に実施した宇宙実験(Zebrafish Muscle)に続く実験です。打上後早期に発現変動する骨格筋関連の遺伝子に着目して、これらの遺伝子発現変化が微小重力に対する応答によるのか、宇宙線など宇宙滞在に伴う他の要因によるのかを調べる実験です。

タンパク質の4℃結晶化実験(LTPCG#2)を開始しました (2017年12月22日)

ISS・「きぼう」を利用する4℃での結晶化実験「低温高品質タンパク質結晶生成実験(LTPCG)」の第2回実験を開始しました。結晶化開始操作は金井宇宙飛行士によって行われました。

タンパク質結晶生成実験(第3期シリーズ第1回実験)の結果について (2017年12月22日)

ISS・「きぼう」にて平成29年10月17日から実施していた高品質タンパク質結晶生成実験(PCG)のタンパク質結晶サンプルは、同年12月14日にソユーズ宇宙船(51S)にて地上に帰還・回収しました。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2017年12月20日)

JAXA PCG実験を終了しました。

LTPCG実験を開始します。

Zebrafish Muscle2実験を開始しました。

Amyloid実験を開始します。

Two-Phase Flow実験を実施しています。

新しいArea PADLESを「きぼう」船内に取り付けます。

きぼう船内ドローン「Int-Ball」最新映像(Int-BallだよりVol. 7) (2017年12月14日)

国際宇宙ステーション・きぼう船内ドローン「Int-Ball」の最新映像をお届けする「Int-BallだよりVol. 7」を公開しました。

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 2017B期 搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】 (2017年12月14日)

「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」プロジェクトは、JAXAがこれまでに獲得・蓄積してきた結晶生成技術を適用し、ISS「きぼう」日本実験棟において高品質なタンパク質結晶を生成し、成果を社会に還元することを目的としています。本募集では2018年度夏季以降に搭載するタンパク質を募集します。

「きぼう」日本実験棟初の燃焼実験装置「GCEM」が、日本燃焼学会から表彰されました! (2017年12月12日)

日本燃焼学会が主催する、第55回燃焼シンポジウムにて、「きぼう」搭載用(宇宙実験用)の燃焼実験装置の開発功績が評価され、平成29年度日本燃焼学会表彰として技術賞を受賞しました。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2017年12月 6日)

JAXA PCG実験を終了します。

LTPCG実験の準備を行っています。

Zebrafish Muscle2実験の準備を行っています。

Two-Phase Flow実験を実施しています。

トルコの材料曝露実験サンプルが日本に引き渡されました! ~来年春に「きぼう」で船外実験開始予定!~ (2017年11月22日)

2017年11月21日、トルコの材料曝露実験サンプルがJAXA筑波宇宙センター(TKSC)において、関係者が見守る中、JAXAに引き渡されました。今後、国際宇宙ステーション(ISS)への輸送準備を行います。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2017年11月22日)

米国の超小型衛星の放出(全5回)に成功しました。

Advanced Nano Step実験を実施しています。

Two-Phase Flow実験を実施しています。

JAXA PCG実験を継続しています。

«前へ | 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約