サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

最終更新日:2020年3月31日

066号 最強磁場天体マグネタ―をMAXIが検出 (2019年7月17日)

MAXIサイエンスニュース066号を掲載しました。066号では、「最強磁場天体マグネタ―をMAXIが検出」についてご紹介します。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2019年7月17日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2019年7月17日版を紹介します。

宇宙でのマウス研究システムMARS(Multiple Artificial-gravity Research System)を改良し、餌介入試験に成功 (2019年7月11日)

改良型MARSでは重力と餌の影響が同時に検証可能であることが示され、この成果は、英国の科学誌ネイチャー(Nature)の姉妹誌である、オンラインジャーナル「npjマイクログラビティ(npj Microravity)」で2019年7月8日に公開されました。

簡易曝露実験装置(ExHAM)有償利用テーマ通年募集について (2019年7月11日)

国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟を利用して実施する「簡易曝露実験装置(ExHAM)」の有償利用について通年で公募しております。 ExHAMの概要 ExHAMは、「きぼう」の船外実験プラットフォームを使って、より簡易に...

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2019年7月 3日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2019年7月3日版を紹介します。

世界初!月の重力環境を国際宇宙ステ―ションで実現してマウスを長期飼育~深宇宙への人類の活動領域拡大に向けた第一歩~ (2019年6月21日)

2019年5月から6月にかけて実施した4回目となるマウス飼育ミッションでは、世界で初めて重力が地球のおよそ1/6である月の重力環境を「きぼう」で模擬し、長期間飼育と全数生存帰還に成功しました。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2019年6月19日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2019年6月19日版を紹介します。

タイの高品質タンパク質結晶生成実験が始まります!~新規マラリア薬の開発を目指して~ (2019年6月18日)

タイ地理情報・宇宙技術開発機構(GISTDA: Geo-Informatics and Space Technology Development Agency)とJAXAは、タイで初めての宇宙実験となる、ISS・「きぼう」での高品質タンパク質結晶生成実験の実施に関して、協定を締結しました。

「きぼう」から超小型衛星4機放出に成功! (2019年6月18日)

6月17日午後7時15分、20分に、「きぼう」日本実験棟から超小型衛星4機が放出されました。

「きぼう」から超小型衛星4機を6月17日(月)に放出する予定です (2019年6月13日)

「きぼう」から超小型衛星4機を6月17日(月)に放出する予定です。
«前へ | 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約