サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

最終更新日:2020年3月31日

スペインの宇宙ベンチャーが「きぼう」を利用へ ~"日本の宇宙商社" Space BDの協力で、海外初の民間企業が「きぼう」船外実験プラットフォームで技術実証~ (2019年3月 1日)

JAXAおよびSpace BD株式会社は、スペインの宇宙ベンチャー企業Satlantis社が開発する超小型衛星搭載用地球観測カメラ(Integrated Standard Imager for Microsatellites: iSIM)の製品化の実現を目指し、国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームの有償利用契約を締結しました。

4機の超小型衛星を国際宇宙ステーションからの放出に向けて作業開始 (2019年2月21日)

4機の超小型衛星をJAXAの筑波宇宙センターにて国際宇宙ステーションからの放出に向けて作業開始しました。

きぼう利用を通じた健康長寿社会への貢献「ToMMo×JAXA連携」協定締結式が行われました (2019年2月21日)

2019年2月8日、東北大学にて東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の、健康長寿社会実現への貢献を目指した「きぼう」利用に係る連携協定の締結式が行われました。

宇宙における総合商社として超小型衛星放出事業に取り組む (2019年2月20日)

Space BD株式会社の永崎将利代表取締役社長に、Space BD社設立の経緯や現在の状況、今後の可能性などを聞いた。

2018年度「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマ募集の選定結果について (2019年2月20日)

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマとして、6件を選定しました。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2019年2月20日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2019年2月20日版を紹介します。

有人宇宙環境訓練設備の利活用に係る民間事業者の企画提案募集について (2019年2月14日)

地上にある有人宇宙活動の訓練設備等の維持・保守とその有効活用を実施して頂ける民間事業者を募集するための企画提案募集(RFP)を本日から開始、平成31年3月6日まで提案を受け付けます。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2019年2月 6日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2019年2月6日版を紹介します。

「きぼう」の利用状況と今後の予定 (2019年1月23日)

「きぼう」の利用状況と今後の予定 2019年1月23日版を紹介します。

きぼう利用テーマ選考評価委員会(生命医科学) (2019年1月15日)

構成員 委員長 山口 朗 東京歯科大学 口腔科学研究センター 客員教授 委員 牛田 多加志 東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻 教授 ...
«前へ | 19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約