JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

みんなのまわりにも宇宙の技術

これまでの宇宙開発の歴史の中で、いろいろな技術が開発されてきました。それらの技術は宇宙で使われるだけでなく、応用された形でみんなの生活の中でも使われているのです。

断熱シート

レーシングカーにもスペースシャトルの断熱材が使われています。

スペースシャトルで使用される断熱材がレーシングカーにも応用されて、競技場のトラックをグルグル回っています。初めはストックカー*に使われたのですが、他のスピードレースカーにも使われるようになりました。

*ストックカー:市販(しはん)の車のエンジンを改造した競争用自動車

スピードレースカーには熱くなるところがいくつもあり、コックピット内は摂氏(せっし)60~71度(華氏(かし)140~160度)にもなって、ドライバーに火膨(ひぶく)れができることさえありました。

ストックカーのチャンピオンがケネディ宇宙センターを見学したのがきっかけとなり、スペースシャトルの断熱材をストックカーの熱を防ぐために使用することになりました。その効果はすばらしく、コックピット内の温度は摂氏32~43度(華氏90~110度)に改善されました。温度環境(かんきょう)が改善された車はすばらしい成績をあげました。

今では多くのレースカーに使用されており、ある民間会社はレースカー用の断熱キットを発売しています。

宇宙開発の産物である断熱材がレースカーに応用されて、レース中のレースカー・ドライバーの環境はおおきく改善されています。


カーナビ グライダー 形状記憶 3次元
食品の安全 寝具 人工心臓 断熱シート
天気予報 防氷液 保護服 空気洗浄器

 

   
JAXAトップページへサイトポリシー