JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

みんなのまわりにも宇宙の技術

これまでの宇宙開発の歴史の中で、いろいろな技術が開発されてきました。それらの技術は宇宙で使われるだけでなく、応用された形でみんなの生活の中でも使われているのです。

3次元

3次元コンピュータグラフィック

リアルタイムデータを3次元の映像にして、その映像を見ながらロボットなどを遠くから制御(せいぎょ)することのできる、NASAの最も新しい仮想現実(バーチャルリアリティ)の技術が惑星(わくせい)探査衛星にも使用されています。

この技術はNASAのエイムズ研究センターで開発された技術(VEVI:Virtual Environment Vehicle Interface)をNASAの職員が自分たちで作った会社がさらに改良して使い易くしたものです。
VEVIは、ロボット車両から送られてくる、位置や方向を示すデータを3次元グラフィックス・ソフトウエアで計算して、ロボット車両と対話しなが制御する技術です。これまでに、車輪付き、脚(あし)付き、エアベアリング式、潜水(せんすい)式などの車両に使われています。

VEVIを発展させた技術であるVEVI4は、VEVIの第4世代のソフトウエアで、最も新しいコンピュータ・グラフィックス技術とリモートコントロール技術のソフトウエアです。このようなソフトウエアを買うことができるのはこれが初めてです。

計算結果を目で見えるように表示するビジュアル・コンピューティングの技術は、技術を進歩させる大きな力となっています。またインターネットがどこでも使えるようになったのでリアルタイムデータを送ることが出来るようになり、3次元コンピュータ・グラフィックスはますます利用されるようになってきました。


カーナビ グライダー 形状記憶 3次元
食品の安全 寝具 人工心臓 断熱シート
天気予報 防氷液 保護服 空気洗浄器

 

   
JAXAトップページへサイトポリシー