サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙日本食

宇宙食の条件

最終更新日:2011年5月13日

宇宙食は、以下の条件を満たす必要があります。

安全であること

  • 容器や包装が燃えにくいこと
  • 容器や包装が燃えた場合でも、人体に有害なガスが発生しないこと

長期保存が可能であること

  • 常温で少なくとも1年半の賞味期限を有すること

衛生性が高いこと

  • 宇宙飛行士の食中毒などを予防するための衛生性を確保する(食品内の細菌の種類や数などを基準以下とする)こと

食べる時に危険要因が発生しないこと

  • 電気系への障害防止
    液体を含む食品は飛び散らないよう、食品を封入するパッケージに付属したスパウト(吸口)やストローを使用する
    そのまま食べる食品については飛び散らないよう粘度を高め、ゾル状食品(とろみのある食品)とする
  • 空気清浄度への障害防止
    微粉を出さないこと
    特異な臭気を発するものは適さない
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約