サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙日本食

搭載プロセス

最終更新日:2018年6月11日
宇宙飛行士による試食会

宇宙飛行士による試食会

宇宙日本食は、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在が決定した宇宙飛行士により、搭載用宇宙食として選定されます。選定された宇宙日本食は、ISSに物資を運ぶ宇宙機(※1)に搭載され、宇宙飛行士のISS長期滞在開始時期に合わせてISSへ輸送されます。

ここでは、宇宙日本食が搭載用として選定されるまでのプロセスの概要を掲載します。

※: ロシアのプログレス補給船、日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)、米国の商業輸送機など

搭載プロセス概要

  1. JAXAは、宇宙日本食として認証された食品のリストを常に最新の状態に維持する。
  2. ISSプログラムによりISS長期滞在が決定した宇宙飛行士を対象として宇宙飛行士試食会を行い、宇宙飛行士に搭載用として選定された宇宙日本食を、JAXAから製造企業(認証食品メーカ)に発注する。(※2)
  3. 製造企業は宇宙日本食を製造し、JAXAに納入する。
  4. JAXAは宇宙日本食の受入検査を実施し、打上げ機関に輸送する。
  5. 宇宙日本食は打上げ機関の宇宙機に搭載され、ISSに運ばれる。

※2: 宇宙日本食を搭載する宇宙機の打上げタイミングと日本人宇宙飛行士のISS長期滞在時期によっては、宇宙日本食認証プロセスの途中で搭載可能となる場合があります。(詳細は認証プロセスを参照してください。)

宇宙日本食の搭載プロセス概要

宇宙日本食の搭載プロセス概要

認証基準概要
認証プロセス

(特に断りの無い限り、画像は出典:JAXA)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約