サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

平成29年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマの募集について

最終更新日:2017年8月 3日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟の船内環境を利用する科学研究提案(フィジビリティスタディテーマ)を募集いたします。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため、下記のとおりFSテーマを募集いたします。

募集の区分は以下の2つです。

  • 国の戦略的研究募集区分:国の戦略的施策に沿った課題解決型の研究に貢献する「きぼう」利用研究提案募集
  • 一般募集区分:自由な発想に基づく独創的かつ先導的で、国際的に高い水準の成果が期待できる「きぼう」利用研究提案募集

国の戦略的研究や科学技術の進展への「きぼう」利用成果の活用、及びそれを通じた産業や社会への貢献に対する見通し・ビジョン等のアウトカムを重視して選考します。宇宙実験の経験がない、宇宙実験を検討したことがない方でも、微小重力などの「きぼう」の特徴を活かして国の戦略的研究や科学技術の発展等に貢献できる研究アイデアをお持ちの方は、ぜひ応募をご検討ください。

募集の概要

(募集に関する情報は改訂されることがあります。また、追加で情報を掲載することもあります。最新情報を入手ください。)

1. 応募締め切り
  • 平成29年9月30日(土)(当日消印有効)
2. 募集の対象

(1)国の戦略的研究募集区分

ISS/きぼう船内の環境を利用し、国の戦略的な研究に貢献する以下の領域の研究

「きぼう」を使ったヒトの加齢に関連する研究

健康な個体でも急速に骨量・筋量の減少や免疫機能の低下等が現れる「きぼう」の環境(地上の高齢者に類似した生物影響が急速に現れる環境)を利用して生命情報を取得し、地上の加齢に関する生命情報との相関関係を見出すことによって、ヒトの加齢に伴う疾患対策の立案等のアウトカムが期待される研究

(2)一般募集区分

ISS/きぼう船内の環境を利用する以下の分野の研究

生命医科学分野
物質・物理科学分野

3. 応募関係書類

応募に際しては、必ず募集案内をご覧の上、指定の応募様式にて応募ください。

(1)国の戦略的研究募集区分

(2)一般募集区分

4. 参考資料

1)「きぼう」が提供できる実験環境

2)これまでの宇宙実験と成果、「きぼう」船内の環境等:

3)これまでの国際宇宙ステーション(ISS)/「きぼう」日本実験棟を利用した実験テーマの募集

5. お問い合わせ先

提案内容に関わらない各様式への記入方法、提案書作成上の事項や提案内容の宇宙実験実施に関わる技術的な事項等に関して、不明な点やご質問等がございましたら下記まで、E-mailにてお問合せください。

(一財)日本宇宙フォーラム(JSF)宇宙利用事業部
「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp[at]jsforum.or.jp
([at]を@に変更して使用ください)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約