サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

「こうのとり」6号機(HTV6)が「きぼう」に運んだ超小型衛星6基の放出に成功

最終更新日:2017年1月16日

1月16日午後6時10分~午後7時50分にかけて4回に分けて、「きぼう」日本実験棟から6基の超小型衛星が放出されました。

1回目の放出で、筑波大学、早稲田大学、(株)中島田鉄工所/東北大学がそれぞれ開発した1Uサイズの衛星3基を放出し、2回目に東京大学が開発した3Uサイズの衛星、3回目に九州工業大学/Nanyang Technological University(シンガポール)が開発した2Uサイズの衛星、4回目に有人宇宙システム(株)/GAUSS社(イタリア)/Tancred小学校(ブラジル)が開発した開発した3Uサイズの衛星が放出されました。

写真:より大きな写真へ 写真:より大きな写真へ
ITF-2/WASEDA-SAT3/FREEDOMの放出 EGGの放出
写真:より大きな写真へ 写真:より大きな写真へ
AOBA-VeloxIIIの放出 TuPODの放出
(出典:JAXA/NASA)

筑波宇宙センターでは、超小型衛星開発に携わった関係者が見守り、衛星が放出されると大きな拍手が沸きました。

写真:より大きな写真へ 写真:より大きな写真へ

放出成功を喜ぶ関係者(出典:JAXA)


放出された超小型衛星は、以下の通りです。

写真:より大きな図へ


これらの超小型衛星は昨年12月に放出された静岡大学のSTARS-Cと共に、2016年12月9日に種子島宇宙センターから、宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)で打ち上げられ、同14日にISSに到着し、「きぼう」に運び込みました。

写真

12Uの搭載能力を持つ衛星放出機構(J-SSOD)(出典:JAXA)

今回の超小型衛星放出では、放出能力を1回の放出機会で6Uから12Uに倍増させた小型衛星放出機構(JEM Small Satellite Orbital Deployer: J-SSOD)を初めて使用しました。

J-SSODの衛星搭載ケースは、最大3基の超小型衛星を搭載できます(3U)。それを4式搭載することで12Uの搭載能力を得ています。
超小型衛星は1U~3Uの大きさで作ることが決められており、同一機会に放出する超小型衛星の組み合わせによって衛星搭載ケースの数を変えることでユーザのニーズに細かく対応することができます。


CubeSatについて
CubeSatとは、縦10cm×横10cm×高さ10cmの立方体を1Uとした衛星で、高さのサイズにより、2U(高さ20cm),3U(高さ30cm)となります。JAXAのCubeSatサイズの小型衛星放出機構(JEM Small Satellite Orbital Deployer: J-SSOD)は、CubeSatを1回の放出機会で12基(12U)放出できる能力を持ち、将来的に48Uまで放出能力を増やしていく予定です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約