サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きぼう」にて、第3回小動物飼育ミッションが開始されました。

最終更新日:2018年4月 6日

2018年4月6日早朝、第3回小動物飼育ミッション「宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子Nrf2の役割」が開始されました。

宇宙放射線に起因する酸化ストレス・DNA障害・細胞死や、微小重力に起因するメカニカルストレスによる細胞内シグナル伝達の乱れなど、人類が宇宙環境に滞在した場合に直面する医学的リスク、いわゆる宇宙ストレスが多々あります。
これらのリスクを明らかにし、いかにこの宇宙ストレスを回避し、また、その対策を検討すること重要な課題となります。

本飼育ミッションでは、一群の生体防御遺伝子を制御する転写因子で宇宙ストレスに対しても防御的に働くことが予想される転写因子Nrf2に注目し、Nrf2欠失マウスと野生型マウスを「きぼう」船内で30日程度長期飼育したのち地上に帰還させ、Nrf2活性が宇宙ストレスに対する生体防御に貢献している様子を明らかにし、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証することを目指します。
酸化ストレスやメカニカルストレスへの適応技術の開発は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服へ新たな応用・展開が期待されます。

ミッション概要(PDF:410KB)
小動物飼育装置(Mouse Habitat Unit: MHU)

【関連トピックス】

国際宇宙ステーション・「きぼう」における、長期飼育マウスの全数生存帰還の世界初の達成ならびに次世代仔マウスの誕生について
(2016年10月13日)
「きぼう」での第2回マウス長期飼育ミッションが終了しました。(2017年9月19日)
第2回マウス長期飼育ミッションの終了後1か月速報
(2017年10月25日)
第2回マウス長期飼育ミッションの終了後3か月速報
(2017年12月28日)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約