サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

「きぼう」利用テーマ募集について

最終更新日:2012年4月10日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟における実験提案の募集を平成24年度より毎年実施する予定です。


平成24年度「きぼう」利用テーマ募集について

平成24年度の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、募集要項や応募書類は変更になる可能性がありますが、参考のため掲載しております。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟における平成26年度(2014年度)以降の利用期間における実験提案を、下記のとおり募集いたします。

この度、JAXAでは、「生命科学分野」「宇宙医学分野」および「物質・物理科学分野」について、ISS計画及び「きぼう」のこれまでの成果とこれからの国際的な研究動向を踏まえた上で、2020年頃までの利用の重点化を図るため、「きぼう」利用シナリオを策定いたしました。このシナリオでは、各研究分野ごとに「きぼう」を利用した基礎研究によって成果の創出を目指す「重点領域」をまとめております。

今回の募集では、従来実施してきた「一般募集」(自由な発想に基づく提案募集)に加え、「重点課題募集」として、上記シナリオの目標を実現する課題を新たに募集いたします。「きぼう」の利用環境を最大限に活用し、科学技術の向上、産業・社会等に波及効果の大きい成果の創出などを目指した御提案をお待ちしております。

募集の概要(募集に関する情報は改訂されることがあります。最新情報を入手ください)

応募受付期間

仮申し込み期間

2012年4月10日(火)~2012年6月8日(金)

応募受付期間

2012年4月10日(火)~2012年6月29日(金)

(郵送の場合は締切当日消印有効。持参の場合は締切日の午後5時までに必着でお願いいたします)

募集の概要

(1)重点課題募集(詳細は募集案内を参照)

(a)対象分野: 生命科学、宇宙医学、物質・物理科学の各分野別利用シナリオに掲げる重点戦略領域目標に対応する課題であること

(b)利用環境: 原則、「きぼう」船内で実施できること。

(c)主な募集条件:

  • 日本国内で活動している研究者を代表とするチーム体制であること
  • 研究代表者の実施取りまとめのもと、複数の研究グループを構成し、掲げた目標達成まで体制を維持できること(実行力のある国際的チームが望しい)

(d)候補テーマの選定時期: 2012年10月頃

(2)一般募集(詳細は募集案内を参照)

(a)対象分野: 科学研究(ヒト対象研究含む)、産業利用、社会に貢献する課題、技術開発

(b)利用環境:

  • 船内利用(原則既存の実験装置、実験室空間利用)
  • 船外利用(大型の実験装置開発を伴わないもの、簡易な実験環境を利用)

(c)主な募集条件:

  • 日本国内で活動している研究者等
  • 研究代表者がJAXAとの役割分担のもと、研究成果報告までの体制を責任を持って維持できること

(d)候補テーマの選定時期: 2012年9月頃

募集案内等

(1)募集案内等、詳細につきましては、以下を参照ください。
(2)きぼうの利用シナリオ等につきましては、以下を参照ください。
※お問い合わせ・応募書類送付先

これまでに頂いた質問のうち、応募を検討しているすべての方に周知することが適当と認められるものについては、これまでに寄せられた質問と回答にまとめておりますので、ご覧ください。

上記以外の提案内容に関わらない各書式への記入要領等、提案書作成上の事項や提案内容の宇宙実験実施に関わる技術的な事項に関して、不明な点やご質問等ございましたら下記まで、E-mailにてお問合せください。

財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp_2k11@jsforum.or.jp

≫英語HPはこちら

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約