サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

MAXIによる最初の画像の取得に成功しました

最終更新日:2009年8月18日

8月15日(土)、全天X線監視装置(MAXI)による最初の画像の取得に成功しました。

露出時間や位置ずれの補正などの処理を行う前の画像ですが、主要なX線天体を観測できており、カメラが正常に働き、期待通りの性能であることが確認されました。

MAXIはこのような観測を繰り返すことにより、全天で1000個を越えるX線天体の1日から数か月にわたるX線の強度変化を90分に1回の間隔で監視し、いわばX線による全天の動画を撮影します。

今後、観測を重ねることにより、これまでの全天型のX線観測装置の10倍を超える感度に到達する見込みです。

参考:JAXAプレスリリース
「きぼう」船外実験プラットフォームに搭載された全天X線監視装置(MAXI:マキシ)によるファーストライト画像の撮影成功について
http://www.jaxa.jp/press/2009/08/20090818_maxi_j.html

また、MAXIと宇宙環境計測ミッション装置(SEDA-AP)を使用して行うミッションの概要はこちらをご覧ください。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約