サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

観測史上最大級のガンマ線バーストを日本のグループが宇宙と地上から観測

最終更新日:2013年11月22日

2013年4月、「しし座」のベータ星近くに、過去23年間で最も強いモンスターとも呼べる巨大なガンマ線バーストが発生しました。
東京工業大学など日本の研究グループを含む国際共同観測チームは、ISSに搭載された全天X線監視装置MAXIを用いてこのバーストのX線残光の観測に成功しました。この研究成果は11月22日発行の米科学誌「サイエンス」に掲載されました。

詳細は下記をご覧ください。


MAXIサイエンスニュース050号

プレスリリース

【要点】
○ 2013年4月27日に過去23年間で最も強いガンマ線バーストを観測。これは観測史上最大級。
○ ガンマ線バーストとしては、地球のご"近所"の38億光年の距離で起きたにもかかわらず、その性質は遠方、宇宙初期に発生したバーストの「モンスター」と変わらない。
○ 従来からの標準的なガンマ線放射モデルに疑問を投げかける。

【概 要】
東京工業大学など日本の研究グループを含む国際共同観測チームは、観測史上最大級の「モンスター」ガンマ線バースト「GRB 130427A」をとらえることに成功した。詳しいデータ解析の結果、今回のバーストは宇宙年齢100億年という現在とほぼ同じ宇宙環境で発生したにもかかわらず、宇宙初期に発生する普通のバーストと同じ「モンスター」としての性質をもっていることが分かった。今までで最も近傍で発生したバーストの場合は爆発エネルギーが著しく小さく、別種の現象の可能性が高かったが、地球に近いからこそ得られた「普通のモンスター」の高品質のデータによって、従来のガンマ線放射機構の理論は再考を迫られることになった。
ガンマ線バーストは、太陽の数十倍の質量をもつ恒星が一生の最後に起こす大爆発で、平均的には宇宙年齢30億年の宇宙初期、すなわち100億光年を超える遠方で発生する。今年4月27日に発生したGRB 130427A はもともと大きな爆発エネルギーをもつガンマ線バーストだったが、38億光年という"近所"で発生したためにとびきり明るく観測された。
この研究成果は11月22日発行の米科学誌「サイエンス」に掲載された。


 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約