サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

1J/Aミッション ISS長期滞在クルー訓練

最終更新日:2007年6月10日

5月14~25日にかけて、筑波宇宙センター(TKSC)にて、将来のISS長期滞在クルーを対象とした「きぼう」日本実験棟に関する「インクリメント固有訓練」が行われました。インクリメント固有訓練とは、ISSに滞在する各宇宙飛行士の役割に応じた固有の訓練で、日本は「きぼう」に関する訓練を担当します。

訓練には、第16次長期滞在クルーに任命されたギャレット・リースマン宇宙飛行士と、リースマン宇宙飛行士のバックアップクルーであるティモシー・コーポラ宇宙飛行士が参加しました。

リースマン宇宙飛行士は、1J/A(STS-123)ミッションで土井宇宙飛行士らと共にスペースシャトルに搭乗し、ISSに約6ヶ月滞在する予定です。

訓練は、リースマン宇宙飛行士とともに「きぼう」船内保管室が打ち上げられる1J/Aミッションと、リースマン宇宙飛行士の長期滞在中に「きぼう」船内実験室ロボットアームが打ち上げられる1J(STS-124)ミッションのふたつのミッションで実施する、

  • 船内保管室への入室
  • 船内実験室の起動
  • 船内実験室への入室
  • 船内保管室から船内実験室へのラック・機器の移設
  • ロボットアームの展開

などの手順について、船内保管室および船内実験室トレーナ(実物大の訓練設備)やロボットアームシミュレータ、バーチャルリアリティ(VR)システムなどを使用して行われました。訓練期間の後半には、「きぼう」に搭載される実験装置に関しても、操作訓練が行われました。

また、リースマン宇宙飛行士は、「きぼう」運用チームが日々行っている運用シミュレーション訓練にも参加しました。

船内実験室起動手順の訓練

船内実験室起動に関する訓練

船内実験室起動手順の訓練

ロボットアームの展開操作訓練

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約