サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

土井宇宙飛行士の任務

最終更新日:2008年03月18日

土井宇宙飛行士は、ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)として、スペースシャトルのロボットアーム(Shuttle Remote Manipulator System: SRMS)の操作や、船内保管室に関わる作業全般を担当します。

写真:「きぼう」船内保管室のISSへの取付け

「きぼう」船内保管室のISSへの取付け

  • SRMSを操作して、船内保管室をISSに取り付けます。≫飛行4日目
  • SRMSとセンサ付き検査用延長ブーム(Orbiter Boom Sensor System: OBSS)を使用した熱防護システム(Thermal Protection System: TPS)の損傷点検作業において、SRMSの操作を行います。≫飛行2日目
  • 船外活動時にSRMSおよびSRMSのTVカメラを操作して、 ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)の操作担当者にモニタ映像を提供し、船外活動を支援します。
  • 船内保管室をISSに取り付けた後、船内保管室の連結部に入り、電気ケーブル、ヒータケーブルの配線や配管などを行い、船内保管室への入室の準備をします。また、船内保管室の電源を投入して起動します。 船内保管室に最初に入室して、室内の点検を行います。≫飛行5日目
  • ロードマスター(物資移送責任者)として、スペースシャトル/ISS間の物資移送作業の全体を取りまとめます。
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約