サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 10A(STS-120)

第2回船外活動

最終更新日:2007年10月28日

飛行5日目、国際宇宙ステーション(ISS)の右舷側にあるS3トラスの太陽電池パドル回転機構(Solar Alpha Rotary Joint: SARJ)の点検作業が第2回船外活動に追加されました。この作業は、ここ1ヵ月半ほどS3トラスのSARJ回転時に摩擦が増加していることが確認されていたため、実施される事になりました。

なお、第2回船外活動では、SARJの点検作業やメインバス切替ユニット(Main Bus Switching Unit: MBSU)の配線切替え作業に時間を要したため、S0(エスゼロ)トラスの遠隔電力制御モジュール(Remote Power Control Module: RPCM)の交換作業は、実施されませんでした。

P6トラスの移設準備

第1回船外活動に続き、P6トラスのZ1トラスからP5トラスへの移設に備え、P6/Z1トラス間の電力・通信ケーブルの切離し、結合機構のボルトの取外しを行います。

写真

P6/Z1トラス間のケーブル(赤い丸の中)

太陽電池パドル回転機構(SARJ)の点検(追加作業)

ISSの右舷側にあるS3トラスの太陽電池パドル回転機構(Solar Alpha Rotary Joint: SARJ)の摩擦が増加している原因を調査するため、SARJの多層断熱材(Multi Layer Insulation: MLI)カバーを取り外し、その下にあるスウィングボルトを点検して写真撮影を行います。

ハーモニー外部の艤装

写真

ハーモニー外部の艤装イメージ

第1回船外活動で「ハーモニー」(第2結合部)外壁に仮固定した電力・通信インタフェース付グラプル・フィクスチャ(Power and Data Grapple Fixture: PDGF)を本来の取付け場所へ設置する作業やハンドレールの取付けなど、ハーモニー外部の艤装を行います。

S1トラスのラジエータ展開に備えたSFUケーブルの設定

S1トラスの残り2枚のラジエータ展開に備え、ラジエータ展開時に使用する火工品(Squib Firing Unit: SFU)を起動できるようにするために、ヒータからSFUへ電力ケーブルをつなぎ変えます。

メインバス切替ユニット(MBSU)の配線の切替え

P6トラスの移設に伴い、P6トラスからS0(エスゼロ)トラスに設置されているメインバス切替ユニット(Main Bus Switching Unit: MBSU)へ電力を供給するケーブルを再設定する必要があるため、MBSUの電力ケーブル2本をつなぎ変えます。

S0トラスの遠隔電力制御モジュール(RPCM)の交換(未実施)

S0トラスの故障した遠隔電力制御モジュール(Remote Power Control Module: RPCM)を交換します。

(写真、画像は全てNASA提供)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約