サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 10A(STS-120)

クルー

最終更新日:2007年10月17日
写真

STS-120クルー

パメラ・アン・メルロイ(Pamela A. Melroy)

写真:パメラ・アン・メルロイ

コマンダー(Commander)

1961年、米国カリフォルニア州生まれ。地球惑星学修士、米空軍大佐。
1994年にNASA宇宙飛行士として選抜され、2年後にパイロット宇宙飛行士として認定された。STS-92ミッション(2000年、若田宇宙飛行士搭乗)とSTS-112ミッション(2002年)でパイロットとして飛行。STS-120ミッションは3回目の飛行となる。アイリーン・コリンズに次ぐふたり目の女性コマンダー。

ジョージ・ザムカ(George Zamka)

写真:ジョージ・ザムカ

パイロット(Pilot)

1962年、米国ニュージャージー州生まれ。工学修士。海兵隊大佐。
戦闘攻撃機のパイロットとして湾岸戦争等に参加。空軍のテストパイロット学校などを経て、岩国基地に派遣されていた1996年に宇宙飛行士として選抜された。STS-120ミッションが初飛行となる。

スコット・パラジンスキー(Scott Parazynski)

写真:スコット・パラジンスキー

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)1

1961年、アーカンソー州生まれ。医学博士(救急医療)。
1992年にNASA宇宙飛行士に選抜され、1993年に宇宙飛行士になる。STS-66(1994年)、86(1997年)、95(1998年、向井宇宙飛行士搭乗)、100ミッション(2001年)でミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)として飛行。STS-120ミッションは5回目の飛行となる。船外活動(Extra Vehicular 1: EV1)を担当。

ステファニー・ウィルソン(Stephanie Wilson)

写真:ステファニー・ウィルソン

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)2

1966年、米国マサチューセッツ州生まれ。
1996年に宇宙飛行士として選抜され、2年後にMSとして認定された。初飛行はSTS-121ミッション(2006年)で、STS-120ミッションは2回目の飛行となる。スペースシャトルのロボットアーム(SRMS)、「カナダアーム2」(ISSのロボットアーム)の操作を担当。

ダグラス・ウィーロック(Douglas Wheelock)

写真:ダグラス・ウィーロック

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)3

1960年、米国ニューヨーク州生まれ。航空宇宙工学修士。陸軍大佐。
ヘリコプターのテストパイロット出身。1998年に宇宙飛行士として選抜された。ISS運用に関する業務でロシア駐在経験も長い。STS-120ミッションが初飛行となる。船外活動(EV2)、カナダアーム2の操作を担当。

パオロ・ネスポリ(Paolo Nespoli)

写真:パオロ・ネスポリ

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)4

1957年、イタリアのミラノ生まれ。欧州宇宙機関(ESA)宇宙飛行士。
ESAの宇宙飛行士訓練エンジニアを経て、1998年にイタリア宇宙機関(ASI)の宇宙飛行士として選抜される。1998年から2000年にかけてNASAの宇宙飛行士訓練に参加し、MSとして認定された。STS-120ミッションが初飛行となる。船外活動(Extravehicular Activity: EVA)時の船内(Intravehicular: IV)クルーのコーディネータを担当。

ISS長期滞在クルー(打上げ)

ダニエル・タニ(Daniel Tani)

写真:ダニエル・タニ

ミッションスペシャリスト(Mission Specialist)5

1961年、米国ペンシルベニア州生まれ。機械工学修士。日系3世。
STS-108ミッション(2001年)で初飛行。第16次長期滞在クルーのクレイトン・アンダーソン宇宙飛行士と交代し、約2ヶ月間ISSに滞在する。STS-122ミッション(1E)で帰還予定。STS-120ミッションの船外活動(EV3)を担当。

ISS長期滞在クルー(帰還)

クレイトン・アンダーソン(Clayton Anderson)

写真:クレイトン・アンダーソン

1959年、米国ネブラスカ州生まれ。
1998年にNASA宇宙飛行士として選抜される。第4次長期滞在クルーのサポートを勤める。第12次、第13次、第14次長期滞在クルーのバックアップクルーに任命されていた。初飛行であったSTS-117ミッション(2007年)でISSに向かい、約4ヶ月の滞在を終えSTS-120ミッションで帰還する。

(写真は全てNASA提供)

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約