サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 10A(STS-120)

ミッション内容

最終更新日:2007年10月17日

STS-120(10A)ミッションで、ISSは下図のように変わります。ミッションの内容は、主に以下の通りです。

画像

STS-120ミッション後のISSのイメージ

※ハーモニーのデスティニーへの移設およびP1トラスのラジエータの完全展開は、STS-120ミッション終了後に実施されます。

「ハーモニー」(第2結合部)の取付け

ISSの「ユニティ」(第1結合部)にハーモニーを仮設置します。ハーモニーは本ミッション終了後、ISS長期滞在クルーにより「デスティニー」(米国実験棟)前方へ移設されます。これにより、今後のミッションで「コロンバス」(欧州実験棟) と「きぼう」日本実験棟を取り付ける準備が整います。

P6トラスの移設

ISSのZ1トラスに取り付けられているP6トラスをP5トラスへ移設します。

P6トラスの太陽電池パドル(SAW)、ラジエータの再展開

移設のため収納されていたP6トラスの太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)とラジエータを展開します。

S1トラスの残り2枚のラジエータ展開

S1トラスの残り2枚のラジエータを展開します。P1トラスの残り2枚のラジエータについても展開の準備作業を行い、本ミッション終了後に、ISS長期滞在クルーにより完全展開されます。

物資の運搬・回収

実験装置や交換部品、予備品、食料・衣服などの生活物資をISSへ運びます。

ISS長期滞在クルーの交代

ダニエル・タニ 宇宙飛行士が、第16次長期滞在クルーに加わります。そして、STS-117ミッション(13A)でISSに到着し第15次・第16次長期滞在クルーとしてISSに滞在しているクレイトン・アンダーソン宇宙飛行士が、ディスカバリー号で帰還します。

スペースシャトル熱防護システムの点検

軌道上でのセンサ付き検査用延長ブーム(Orbiter Boom Sensor System: OBSS)を使用した強化炭素複合材(Reinforced Carbon Carbon: RCC)の損傷の有無を検査します。また、ISSからスペースシャトルの熱防護システム(RCCと耐熱タイル)の状況を撮影するために、ISSとのドッキング前にランデブー・ピッチ・マヌーバ(縦方向に360度回転)を行います。


飛行スケジュール
船外活動
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約