サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

スペースシャトル

スペースシャトルは、NASAが開発した世界初の再使用型宇宙機です。最大7人のクルーとペイロードを搭載したスペースシャトルは、ロケットのように打ち上げられ、飛行機のように着陸することができます。

スペースシャトルは、国際宇宙ステーション(ISS)の構成要素や補給品、人工衛星の運搬、軌道上での宇宙実験などに使用されました。

最新情報

The Final Mission ~最後のミッション~
ミッションパッチ

【帰還日時】
2011年7月21日午前5時57分(米国東部夏時間)
2011年7月21日午後6時57分(日本時間)


STS-135(ULF7)は、スペースシャトル「アトランティス号」による国際宇宙ステーション(ISS)の利用補給フライトであり、スペースシャトルによるISSの組立・補給フライトとしては37回目のフライトでした。また、30年にわたるNASAのスペースシャトルミッションプログラムの最後を飾るフライトとなりました。

STS-135ミッションでは、補給物資などを「ラファエロ」(多目的補給モジュール2)に搭載してISSへ運搬しました。また、ロボットによる燃料補給ミッション(Robotic Refueling Mission: RRM)実験装置もISSへ運びました。

≫ミッションの詳細ページへ

≫フライト情報一覧へ

スペースシャトル「アトランティス号」は、米国東部夏時間7月21日午前5時57分(日本時間7月21日午後6時57分)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)に着陸し、30年にわたるNASAのスペースシャトルミッションプログラムの最後を飾るフライトを完遂しました。

ミッション結果の要約
STS-135(ULF7)ミッション結果の要約を掲載しています。
STS-135 NASAステータスレポート#27
NASA発行のレポートの仮訳です。
ULF7(STS-135)ミッションハイライト
ULF7(STS-135)ミッションのハイライト映像をご覧いただけます。

≫ STS-135(ULF7)ミッション最新情報

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約