サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙医学

このエントリーをはてなブックマークに追加

フライトサージャン業務支援医師常時募集

最終更新日: 2019年5月22日

JAXAでは、JAXA宇宙飛行士及びその候補者(以下、「宇宙飛行士」)の健康管理に係る業務を行う航空宇宙医師(フライトサージャン:航空宇宙医師。以下「FS」)を支援してくださる非常勤の医師(以下、「FS業務支援医師」)を常時募集します。

JAXAにおけるFSとは、航空宇宙医学の知識を持ち、宇宙飛行士の健康管理さらに航空宇宙医学の研究を行う専門医です。FSの責任と役割は、宇宙飛行士の健康を維持すること。その業務は定期的な医学検査、リスクの高い地上訓練・打上げ時・飛行中等の医学支援、飛行後のリハビリなど多岐にわたります。

そのため、今回募集を開始しましたFS業務支援医師は、このようなFS業務をその専門性を生かし支援いただきながら、これらを通じて将来FSになることを見据え、総合診療能力の研鑚をしていただきます。
なお、将来FSとして認定されるためには、FS候補者(常勤招聘職員)として採用された後、別途必要な国内外での基礎訓練を受けることになります(下図参照)。

将来FSを志す医師の方々のご応募をお待ちしています。

求める人材

  1. 国内外の関係者と調整して業務を遂行できる協調性の高い方
  2. FS業務に関心を持ち、FSを将来のキャリアパスの一つと位置づけることが可能な方

業務内容

JAXAの客員として、以下のFS業務の支援等を行うとともに、これらを通じて将来FSになることを見据え総合診療能力の研鑚をしていただきます。

  1. 宇宙飛行士の年次医学審査のための資料作成
  2. 宇宙飛行士健康管理運用に係る国際調整への対応及びテレコン等への出席
  3. JAXAが実施する宇宙医学研究開発に対する助言

応募資格

  1. 日本の医師免許を有すること。
  2. 宇宙航空分野以外の専門性を身に着けている(いずれかの専門医または認定医の資格を取得済みである)こと。
  3. 国外関係機関と円滑な意志の疎通が図れるよう、英語が堪能であること。

応募

常時募集していますので、応募要項をご確認の上、応募書類をお送りください。応募の前に筑波宇宙センター等でFSと面談いただき、業務内容など説明を受けることもできますのでぜひご相談ください。

次回の選考 2019年9月4日(水)予定
(委嘱開始は2019年10月以降予定)
上記選考にご参加いただくためには応募書類を
2019年7月16日までに下記までお送りください。
委嘱予定人数 若干名
応募書類送付先 〒305-8505
茨城県つくば市千現2-1-1 筑波宇宙センター
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
宇宙飛行士健康管理グループ FS業務支援医師募集係

処遇、選考方法、応募手続き等の詳細は、募集要項をご確認ください。志願書は以下からダウンロード願います。

募集要項 [PDF: 231KB]
志願書 [Word: 29.1KB]

【お問い合わせ】
職務内容、その他本募集に関するご質問等は、以下までお問い合わせください。
Tel: 050-3362-2587 (平日 10:00~17:30)
E-mail:

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約