JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 

国際宇宙ステーションの利用補給フライト ULF1.1(STS-121)

STS-121 NASAステータスレポート#11

最終更新日:2006年7月10日

2006年7月9日(日)午後6時00分(米国中部夏時間)
2006年7月10日(月)午前8時00分(日本時間)

スペースシャトル「ディスカバリー号」と国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは、本日、イタリア製の「レオナルド」(多目的補給モジュール1)に搭載された機材や補給物資をISSに運び込む作業を主に行いました。

ディスカバリー号のペイロードベイ(貨物室)に搭載されてISSまで運ばれてきたレオナルドには、約7,400ポンド(約3,356kg)のISS用の機材やクルー向けの補給品が搭載されていました。本日の移送作業では、空調装置(Common Cabin Air Assembly: CCAA)用の新しい熱交換器(ISSの環境制御システムのうち、空気中から凝縮水を集めるための部品)や、米国製宇宙服とセルフレスキュー用推進装置(Simplified Aid For EVA Rescue: SAFER)の予備品などがISSに運ばれました。

レオナルドからISSへの移送作業と並行して、クルー達はISSで必要が無くなった約4,400ポンド(約1,996kg)の物品をレオナルドに運び込みました。この中には実験サンプルや、不要品、故障した機材などが含まれていました。

ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のピアース・セラーズとマイク・フォッサムは、宇宙服のシステムの整備を行い、明日の船外活動に向けて工具や装備の準備を数時間かけて行いました。米国中部夏時間7月10日午前7時13分(日本時間7月10日午後9時13分)から6時間30分の予定で行われる船外活動では、ポンプモジュールを船外保管プラットフォーム2(External Stowage Platform-2: ESP-2)に運んで取り付け、S0(エスゼロ)トラスの地球方向に取り付けられているTUS(Trailing Umbilical System)リールアセンブリの交換を行います。この交換で、ISSのモービルトランスポータ(台車:MT)は、電力供給/データ/ビデオ伝送用ケーブルの冗長構成がとれるようになり、今後行われるISSの組み立て作業時にはトラスの上を移動して作業支援を行うことができるようになります。

本日早くに、ディスカバリー号のコマンダーであるスティーブ・リンゼイ、パイロットのマーク・ケリー、MSのリサ・ノワック、ステファニー・ウィルソン、フォッサム、およびセラーズは、第13次長期滞在クルーのコマンダーであるパベル・ビノグラドフとフライトエンジニアのジェフリー・ウィリアムズおよびトーマス・ライターと共に軌道上共同記者会見を行い、NASAの各宇宙センターとドイツのケルンにある欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士センター(European Astronaut Centre: EAC)に待機する記者達からのミッションに関する質問に答えました。

本日夕方、スペースシャトルプログラム(SSP)のマネージャでありSTS-121ミッション・マネジメント・チーム(Mission Management Team: MMT)の議長でもあるジョン・シャノンは、ミッションマネージャ達がディスカバリー号の帰還に同意したことを報告しました。これは、ディスカバリー号の耐熱シールドには損傷が無いということを示しています。クルーはミッションの後半に再び検査を行い、帰還前に軌道上のデブリによる他の損傷の痕跡が無いかどうか確認する予定です。

ディスカバリー号のクルーは、7月9日午後5時(同7月10日午前7時)過ぎに就寝しました。7月10日午前1時8分(同7月10日午後3時8分)に起床し、飛行7日目が始まります。

次のSTS-121ステータスレポートは、ディスカバリーのクルーが起床した後の7月10日朝(同7月10日夜)に、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/news/sts121/STS-121-11.html
*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。


▲このページの先頭へ

JAXAトップページへ JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ JAXAトップページへ サイトポリシー