JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 

国際宇宙ステーションの利用補給フライト ULF1.1(STS-121)

熱防護システム(TPS)修理試験用サンプルボックス

最終更新日:2006年6月27日

熱防護システム(Thermal Protection System: TPS)修理試験用サンプルボックスは、スペースシャトルの耐熱タイルと強化炭素複合材(Reinforced Carbon Carbon: RCC)の補修試験で使うサンプル(損傷したタイルと亀裂やくぼみが生じたRCC)を取り付けた箱です。

作業時には、サンプルボックスのふたを開いて修理試験を行います。STS-114ミッションの時と比べて、RCCのサンプルの数が3個から12個に増やされました。

画像

TPS修理試験用サンプルボックスの構成(提供:NASA)

▲このページの先頭へ

JAXAトップページへ JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ JAXAトップページへ サイトポリシー