サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

新着情報

※断りのない限り、日時は日本時間です。

画像:HTVを見よう!(11月2日に再突入しました)へリンク

HTVを見よう!(11月2日に再突入しました) (2009年10月29日)

10月31日から11月2日にかけて、宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)技術実証機が日本から見える機会があります。この機会に、ISSの目視予想情報をもとに、ぜひHTVの観測に挑戦してみてください。

画像:HTV技術実証機の分離・大気圏再突入についてへリンク

HTV技術実証機の分離・大気圏再突入について (2009年10月27日)

HTV技術実証機のISSからの分離、大気圏再突入日が決定しました。

画像:HTV技術実証機、搭載物の搬出作業完了へリンク

HTV技術実証機、搭載物の搬出作業完了 (2009年10月20日)

10月20日、補給キャリア与圧部内に搭載された物資の搬出作業がすべて完了しました。

画像:曝露パレット、HTV補給キャリア非与圧部に収納完了へリンク

曝露パレット、HTV補給キャリア非与圧部に収納完了 (2009年9月26日)

飛行16日目、船外実験装置2台を降ろした曝露パレットは、「きぼう」ロボットアームで船外実験プラットフォームから取り外され、ISSのロボットアーム(SSRMS)によりHTVの補給キャリア非与圧部へ収納されました。

画像:船外実験装置2台を「きぼう」船外実験プラットフォームに移設しましたへリンク

船外実験装置2台を「きぼう」船外実験プラットフォームに移設しました (2009年9月25日)

飛行15日目、曝露パレットに搭載されて運ばれてきた2台の船外実験装置、超伝導サブミリ波リム放射サウンダ(SMILES)および沿岸海域用ハイパースペクトル画像装置および大気圏/電離圏遠隔探査システム実験装置(HREP)が、「きぼう」日本実験棟のロボットアームで船外実験プラットフォームへ移設されました。

画像:HTV技術実証機の曝露パレット、移設作業完了へリンク

HTV技術実証機の曝露パレット、移設作業完了 (2009年9月24日)

飛行13日目の9月22日から、補給キャリア与圧部内の搭載品をISS内へ移送する作業が本格的に開始されました。また、飛行14日目の9月23日、曝露パレットがHTV技術実証機から「きぼう」船外実験プラットフォームへ移設されました。

<< 前のページへ | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約