JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

宇宙ってどんなとこ

メニュー
無重量 真空 視界 熱環境 放射線
  01 飛び続けるボール
02 ISSの方向を決めるふたつの力
03 ISSの中が無重量になるわけ

03 ISSの中が無重量になるわけ

フリーフォール地上でも国際宇宙ステーション(ISS)の中とよく似た体験ができるところがあります。

遊園地のフリーフォールです。

フリーフォールに乗ると、まるで重さがなくなったかのように感じます。ここにISSの無重量の秘密が隠されているのです。

フリーフォールに乗るくま太郎遊園地のフリーフォールではイスや床など、まわりの物が全部重力に引かれて一緒に落ちるため、乗っている人は浮き上がり、あたかも重さがなくなったかのように感じます。これを無重量状態(むじゅうりょうじょうたい)といいます。

この状態は、落ちるから重力が無くなるのではなく、重力に引かれるまま、さからわないので、重力を感じなくなるのです。
箱の中で浮き上がるくま太郎フリーフォールで浮き上がるくま太郎
向井PSとくま太郎ISSの中では、人も物もすべて同じ方向に同じ速度で飛んでいるので、まるで地球の重力が働いていないような状態になっています。だから宇宙飛行士やいろいろな物がフワフワ浮いているのです。

この無重量という環境は、地上とISSとの、もっとも大きな違(ちが)いです。

 

   
JAXAトップページへサイトポリシー
メニュー もどる