JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

宇宙ってどんなとこ

メニュー
無重量 真空 視界 熱環境 放射線
  01 飛び続けるボール
02 ISSの方向を決めるふたつの力
03 ISSの中が無重量になるわけ

01 飛び続けるボール

ザーリャの中で浮かぶ若田宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)の中で、宇宙飛行士はふわふわ浮いていますよね。

宇宙に行ったら重力はなくなると思っていませんか?でも、それは違います。

ではなぜ、浮いているのでしょうか?

地球とISSじつは、ISSにも地上の9割くらいの大きな重力がかかっているのです。それなのに物は浮いているし、ISSそのものも宙に浮いているように見えます。不思議ですね。

その秘密はISSの運動にあるのです。ISSはなぜ宙に浮いていられるのでしょうか。

それにはまず頭の体操をしましょう。
ボール投げを考えてください。


地上でボールを投げると、ちょっと飛んでから、もちろん地面に落ちますね。

もっと速くボールを投げれば、もっと遠くに飛ぶことでしょう。

じゃあ、もっともっと速く投げたら、もっともっともっと速く投げたら、さらに、もっともっともっともっと速く投げたら…。
くりかえすうちにボールはついには地球のまわりをぐるぐる回るのではないでしょうか!?

 

   
JAXAトップページへサイトポリシー
すすむ