サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士の活動状況(2013年12月11日)

12月10日、若田宇宙飛行士は、地球の夜景とラブジョイ彗星を撮影するため、キューポラの中で超高感度4Kカメラを組み立てました。

また、若田宇宙飛行士は「デスティニ―」(米国実験棟)で、NASAの燃焼実験ラック(Combustion Integrated Rack: CIR)のガス供給ユニットのボトルひとつを交換しました。

燃焼実験ラックは、光学ベンチ(光学系の機器を配置するためのユニット)、小窓付き燃焼室、燃料と酸化剤管理ユニット(燃料、酸素、窒素、希釈ガスのボトル、排気システム・ガスクロマトグラフ)、5種類のカメラなどで構成されていて、裸火厳禁のISSの中で様々な試料を安全に燃焼させ実験することができます。


断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約