サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士の活動状況(2013年11月19日)

11月18日、若田宇宙飛行士は、地球観測のためキューポラの中に超高感度4Kカメラを設置しました。

また、長期間の宇宙滞在のストレスがクルーの心臓血管系にどのような影響を及ぼすか調べる米国の研究のため、超音波スキャンをマイケル・ホプキンス宇宙飛行士のサポートを受けて行いました。

「きぼう」船内実験室では、超小型衛星放出の準備が進められており、4機の超小型衛星のうち、3機は日本時間11月19日午後9時10分に放出され、1機は同11月20日午後4時50分に放出される予定です。

小型衛星放出機構

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約